ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
ただいま生産中です_20170925
a0158321_11440689.jpg
なかなか記事がアップできないまま、9月の後半に至ってしまいました。
工房からの風の開催も迫り、公式サイトで作家紹介していただく用の写真を用意しています(現在進行形。。)
かごバッグの内側に入れる、シゲタアケミさんの織物を使った袋も完成。織物の裏側と胴の部分には、HPEのラオスの絹を使っています。

上から撮った、一見バッグには見えない構図が好きで、久々に撮れて嬉しいです。
作り続ける日々の中で、こうした華がある特別ものを作る時に気づくのは、見たことのないものを見たいという好奇心に自分が動かされているということ。

a0158321_11550158.jpg



ついでに…と思い横道に入り、久々にwebのトップ画像を変えてみました。
http://atelieryauyau.wordpress.com/
ブログはこちらのexciteの方を継続しているので、トップ画像しか変わってないですが…。

作業部屋が狭く感じるほど、いろいろなものが進行中。あとひと頑張りであれこれ出来上がりそうなので、紹介ページに間に合わなくても、出来上がったらこちらに写真掲載していきますね。









[PR]
# by atelieryauyau | 2017-09-25 12:00 | products | Comments(0)
ただいま生産中です_20170913
a0158321_14161739.jpg
a0158321_14164144.jpg

先週は、小物たち。
今週は、かごバッグ。
並行して、お財布とか、いろいろ、生産中です。
写真上は、イタリア革で作ったカードケース。折り合わせて膨らみをつけて、カードがたくさん入れられるようにしています。
写真下は、ミニポケット。3センチ程度のポケットに、100円玉なら2枚入るかな。墨田の革✕ハラコの蓋が愛らしい。

私の作る小さなものは、革によって、こうなってたら良いんじゃないかな?という感覚で作っています。使う革が揃っていないから、いろいろを一緒に並べたとき、すっきり感も統一感も無いかと。
絞っていかなければ、とずっと思ってきた一方で、こういう雰囲気の異なるちまちましたものが並んでいるのが自分の好きな感じなのだと、最近ストンと心に落ちました。岐阜に帰省の際、たびたび訪れていた雑貨屋さんが移住を期にお店をたたまれて、寂しがりつつ、そのお店の何が良かったのかなぁと思い出してみると、その「いろいろ」感でした。

「いろいろ」にも、色々あって、その選び方具合が、とても好きでした。
ミニマムとかシンプルとは遠く、でも、馴染みの良い程度の可愛らしさがあって。
その加減は、目指すところ。
無くなってみると、しみじみです。












[PR]
# by atelieryauyau | 2017-09-13 14:46 | products | Comments(0)
机の脚
a0158321_13540431.jpg
展示用机の脚を、父の知人に作ってもらいました。

当初は父に頼もうと思っていたのですが、父が、故郷の白川で神棚などを作る仕事をしている幼馴染がいるからと、相談してきてくれて、あれよあれよという早さで仕上げてもらえました。さすが、軽い木材で、綺麗な仕上がり。開き止めは革で作れるだろう、という話に2人の間ではまとまったらしく、パターン!って開いちゃう、止めのない状態で納品。

止めは金具の方が良いかも?と思った私はホームセンターをウロチョロしてみたものの、思ったものが見つからない。ネットで見ると、欲しい金具は不要なパーツが付いた状態のものしか見つからない、積極的にやるほどDIYが得意じゃない、等々あって、しばらく放置。(1年以上)

この夏の帰省の際、ふと、作ってくださった父の幼馴染は神棚を作ってるけど過疎地ゆえ今はあまり需要(仕事)がないとか、祖父は神主だったなとか、大学時代に歴史好きの親しい友達に「岐阜の奥の方は神道の信者が居る」と教えてもらった話が繋がって、父に「どうして神道なの?」と尋ねてみたところ、理由は廃仏毀釈でした。山奥の、痩せた土地の貧しさゆえの選択だったそうで、父の言葉を借りれば、「葬式はせなかんでな」。

放置していたことが、なんだか申し訳なくなる話。(そういえば、祖父は町の歴史書を編んでいた。読んでなくてこれまた申し訳なく、詳しくはおいおい…)でも、開き止めの革色が白なのも、御幣みたいでいいかなと思えるようになりました。


さて、天板どうしよう。







[PR]
# by atelieryauyau | 2017-09-07 14:48 | products | Comments(0)
ただいま生産中です_20170905
a0158321_13404926.jpg
時計のベルト。
エキゾチックレザーも時計ベルトも専門外ですので、耐久面で問題があるかもです。よく顔を合わせる方からのたってのご依頼に、今後のご様子もうかがうという方向で、お引き受けしました。トカゲ革・ミントグリーン色は、こだわりのあるお洒落なその方にピッタリだと思い、ご提案してみました。
長持ちしますように。


こちらにて、現在お受けしているオーダー製作はひと段落です。今後のオーダーは、12月以降に。お取り扱い店舗様への納品と、秋・冬の展示に向けて、今週より本格スタート。ちょうど先週、秋に参加する展示の現場を確認するミーティングに参加し、気持ちが昂まるとともに焦りでいっぱいになったところで、バリバリ進めたい気持ちなのですが、今週は9様の仕事が一年で一番忙しい週。学校や習い事が再開したN君も、調子を戻す週。
勇み足になってももつれそう、と動物的な勘が作動している。
もつれそう、っていうか、もめそう。こじれそう。
週に3回もある保護者会の内容が、頭に入らなそう。
夏休みの工作作品展でも、観に行こうっと。

急がば回れだ、ニンニン。







[PR]
# by atelieryauyau | 2017-09-05 14:13 | products | Comments(0)
ポシェットサイズのウール内袋
ウールの内袋生産は7月から進行していました。
が、内袋内側に使用している生地屋さんがなが〜い夏休に入られてしまい、盆前と盆後に二度の空振りで完成が遅れてしまいました。紐も揃って、展示用が完成。まずはポシェットサイズの内袋のご紹介。
a0158321_22063122.jpg
革のかごバッグ_pochette brown
madison_gold
イギリス製ウール生地のグリーンです。白色多めの面で作りました。生地の反対側は緑が多めなので、そちらでもご注文いただけます。内袋は裏地がつくので、残念ながらリバーシブルではありません。内側にはポケットがあります。


a0158321_22064219.jpg
日本製のウール生地_カーキ色。コート用の厚みです。
a0158321_22065568.jpg
内袋の初期設定は、生成りです。





[PR]
# by atelieryauyau | 2017-08-23 22:18 | products | Comments(0)
bag_order_2017
a0158321_21193059.jpg
a0158321_21194540.jpg


ご注文いただいてから、
お好きな感じとか、
お好きなものとか、
あれこれうかがって。

良さそうなもの、
集めながら、
作りながら、
お会いした時とか場所とか
思い出したりして。

そういう風にできたらいいなぁと思っていたことが
出来ているんだと知りました。


オーダーのトートバッグ
イタリア革
口前がまあるく開く作りです。
開口部にマグネット

チョコレート色やキャラメルの色の革も、在庫しています。
セミオーダー会、いつかは。








[PR]
# by atelieryauyau | 2017-08-19 21:32 | products | Comments(0)
夏休み_2017
8月12〜15日、夏休みをいただきました。
私の実家のある岐阜に帰省し、過去の記事にもたびたび登場していた大叔母の初盆を過ごしてきました。

a0158321_20173122.jpg
怪談に出てきそうな出で立ちのN君。朝、私の父の自家菜園に西瓜とメロンを収穫に行ってくれました。写真撮ってる私も、日よけのついた花柄帽子に、虫よけのため着古したパジャマ長パンツという農ファッション。
実家のあたりは平らな土地なので、乳母車はあちこちでよく見かける日用品で、子や孫が小さいうちは乗せて、大きくなったら畑で使うのが数十年前は普通でした。今はあまり見かけませんし、この乳母車も何年か前に新調したものですが、自分の幼い頃の記憶と結びつき、シュールだけど懐かしい。

a0158321_20171886.jpg
大垣市民プールに行ったり、魚がいっぱいの根尾川で遊びました。
a0158321_20165944.jpg
根尾川では、赤石やなで鮎料理。
岐阜の山奥の方で育った父は、自分で採って食べた天然の鮎に勝る味はないのですが、魚好きのN君が黙々と食べる姿を嬉しそうに眺めていました。私も川魚好きなので、美味しいなぁと思いながら、純粋なものと親しみやすいものとの違いについてぼんやり考え、鮎が焼かれる熱と煙にまみれて良い気分でした。
a0158321_20164138.jpg
豊田市美術館には、奈良美智《for better or worse》を観に。

色んなところに行って、色んなものを見て、自分の好きなものを集めてとことん好きになっていく年頃、これからなんだなぁと、N君のこれからばかりを考えがちですが、自分もなんだと思い改め。


明日からまた、お仕事再開、気持ちよく出来そうです。





[PR]
# by atelieryauyau | 2017-08-15 21:19 | arts & life | Comments(0)