ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
漉き機2号
a0158321_22480606.jpg
うちに、新しい中古の漉き機が来ました。

これまで8年以上使っていた中古の漉き機は、ベルトが古くなってびろびろしてきていました。びろびろになる前の、ちょっとピロッとしてきたときから、いつもベタ漉きをお願いしている漉き屋のマスターに、ベルト交換の仕方を丁寧に教えてもらうこと数回(彼は親切で、毎度実演して見せてくれるというのに)、何度聞いてもやる気が起きない。できる気がしない。私は機械に弱いのだから、こういうことは人に頼むのが一番、とは思いつつ、しびれもベルトも切れないまま、月日は流れていました。

それが、私がクラスを持っていたアトリエ・アミーチさんが、定期的に開催するクラスを辞められることになり、3月で教室が終了となりました。
別会場を探しはじめたのが3月の半ばのこと。レッスンに欠かせない漉き機、置かせてもらえる施設があったらいいなと調べながら巡ってみたら、江東区の森下文化センターの創作室でオッケーをもらえました。

というわけで、漉き機1号のびろびろのベルトは業者さんにビシッとしたのに交換してもらって、さらには整備もしてもらって、江東区森下の文化センターへ。教室は自主サークルというかたちで、アミーチさんから継続してくださった生徒さん方とひっそりと再開を遂げています。
うちに来た2号も、いい仕事してくれています。
私にとっては、ものすごい環境の変化。まだ対応しきれていないけど、2つの漉き機で出来ることを思い描くのが、楽しくてたまらないこの頃です。


*********
・お知らせ

ATELIER YAUYAUの excite のアドレスが、9月までしか使えないことになってしまいました。
これからは、メールはこちらにお願いします。↓
atelieryauyau☆gmail.com(☆をアットマークに変換してください)



[PR]
# by atelieryauyau | 2018-05-22 22:47 | school | Comments(0)
内袋_201805
革のかごバッグは、内袋の入れ替えができます。
4月にご注文いただいた内袋が、仕上がりました。
a0158321_22352504.jpg
LINE10_5×5サイズ
の生成りの内袋。            
a0158321_22351112.jpg
こちらは、ご要望があり、ファスナーつき。
バッグに引っ掛けて固定する引き手パーツのボタンを取り付ける前の姿です。

a0158321_22353594.jpg
時によっては、色帆布もございます。
こちらは、ライトグレーに、麻の巾着蓋・ポシェットサイズ。

革のかごバッグの内袋は、すべて私の手元に型紙がありますので、お持ちのバッグをお預かりすることなく、内袋はお作りできます。お気軽にご相談くださいね。


*********
・お知らせ

ATELIER YAUYAUの excite のアドレスが、9月までしか使えないことになってしまいました。
これからは、メールはこちらにお願いします。↓
atelieryauyau☆gmail.com(☆をアットマークに変換してください)



[PR]
# by atelieryauyau | 2018-05-20 22:33 | products | Comments(0)
口枠バッグ_黒特注
a0158321_22112548.jpg
a0158321_22114746.jpeg
昨年作ったクラッチバッグが好評でして、この度は黒いスムース革でお作りしました。口枠部分とハンドルはオイルの多い艶革なので、実物は写真よりも革の違いの陰影がはっきりしています。

ご依頼主様より、友栄堂さんで入手されたアンティーク・ファブリックをお預かりして使わせていただきました。100年以上前に織られた布の可愛らしい模様と、はかなげな薄さに、大雑把な質の私はいつもとは違った神経を働かせた感覚が残っています。
それだけに、普段より繊細な雰囲気が、仕上がりにも漂ってました。
ご依頼主には、とてもお似合いなことは、間違いなし。
でしょう。


友栄堂さんが、fog linen works で催された販売会では、私もデッドストック生地を仕入れました。こちらとはまた違った雰囲気のものですが、今回の緊張感を覚えているうちに、とりかかりたいと思っています。



**********
・お知らせ

ATELIER YAUYAUの excite のアドレスが、9月までしか使えないことになってしまいました。
これからは、メールはこちらにお願いします。↓
atelieryauyau☆gmail.com(☆をアットマークに変換してください)


[PR]
# by atelieryauyau | 2018-05-19 22:10 | products | Comments(0)
口枠バッグ_黒
a0158321_18435347.jpg
昨年、革教室の教材に導入した口金バッグ。instagramに載せたところ好評でした。


教室でも大変好評で、お生徒さんの完成をどれだけ見届けたことか覚えてないほどです(二桁は余裕でいってます)。私はこちらのバッグのサンプルをずっと使っていますが、とても使いやすいので、商品化することにしました。商品一号目は、手紐の長さを現在調整中、完成間近です。

a0158321_18440693.jpg
肩紐はあえて長く88cm、
ボディの幅は、広いところで27cm
高さは23cm
内側にマグネットをつけて、口金の間から中が見えないようにしました。
6月29日〜の、ソラマチでの「まちのかばんやさん」と「クラフトセンターすみだ」でお披露目予定です。


現在、革のかごバッグについて、追加注文いただいた内袋を生産しています。今週中には縫製は終わりそうですので、お届けまでもうしばらくお待ち下さいね。

かごバッグお持ちのお客様がた、内袋についてのご相談は、いつでも受け付けていますので、どうぞお知らせください。


そうそう、普段使っているexciteのアドレスが、9月までしか使えないことになってしまいました。
これからは、メールはこちらにお願いします。↓
atelieryauyau☆gmail.com(☆をアットマークに変換してください)






[PR]
# by atelieryauyau | 2018-05-17 19:01 | products | Comments(0)
まつだい訪問2018.5
今年は越後妻有アートトリエンナーレの年です。
3年前の下見よりちょっと早い5月中旬、柿の木プロジェクトの今年のプランについて、新潟県十日町市に打ち合わせに行ってきました。
a0158321_19141231.jpeg
この柿の木は長太さん。
2015年のワークショップで、アーティストの浅野みささんと、ここ太平集落の子供達につけてもらった名前です。
冬場は2,3メートルは雪に覆われるので、枝が折れてるし、葉がつく位置がずいぶん上の方。
a0158321_19143672.jpg
この細い柿の木はノコルさん。
両脇に桜の木があるので、あんまり大きくなれないけど、元気です。
右側ある桜の木は、枝が豪快に折れていました。折れた枝が部分的に生きていて、桜の花が咲いていました。今は雪は溶けてしまって景色は普通に緑に満ちているけど、冬の苦労はそこここにうかがい知れて、自分もたくましく生きてかないとなって、行くたびに思います。

a0158321_19145015.jpeg
柿の木のある広場は、この時期はお米の苗が広げられています。
夏は、ここで、イベントができそう。
楽しいひと時に、なりますよう。

a0158321_19150714.jpg
松代農舞台には、今年追加される新しい作品のマップがありました。
ゆっくり見にきたいけど、どうかな。


a0158321_19152963.jpg
里山食堂もリニューアルされていました。
山菜料理、味付けも参考になります。
夏のメニューも、ぜひ食べたい。

まずは、フライヤー原稿用意せねば。
イラストはいつも楽しい漫画の年賀状を描いて送ってくれるお友達に頼めることになりました。今回、一緒に訪問してもらえて、「実際見ると湧くものが全然ちがう」と言ってくれたので、楽しみです。









[PR]
# by atelieryauyau | 2018-05-13 19:39 | Comments(0)
福岡旅〜20180502
a0158321_11473520.jpg
今回の福岡は、お仕事時間以外は旅気分と決めていました。

一番癒されたのは、大濠公園。観光できる日は雨でしたが、レインコートだったし、前日に無印でレインブーツ(50%offだった)を買ったし、何よりも私は雨が好きなので、水面に落ちる雨もその音も、傘を打つ雨と響く音を味わいながら、2時間くらいこのあたりをふらふら。

a0158321_11472046.jpg
この近くに、工藝風向があります。
工芸青花で工芸入門を連載されている、高木崇雄さんのお店です。青花の連載はいつも読み応えがあって、お店に行きたくて福岡行きを決めたようなもの。護国神社の緑に面してとても美しい場所で、お皿のセレクトもH.P.Eの生地の使われ方も素敵でした。
お隣の珈琲美々もおすすめです。購入した豆を挽いて淹れて飲むたびに、まだ余韻に浸ってます。

a0158321_11470426.jpg
ウィークリーマンションにはキッチンも家電も揃ってはいたものの、日頃のご飯作りから解放される絶好の機会!と、お湯を沸かす以外はしないと決めていました(料理が嫌いなわけじゃないんですが)。
岩田屋さんには、社員食堂があったので毎日活用し、夜はあちこちで外食三昧。写真は搬出後の、saera さんでの一人打ち上げ。私は下戸ですが、ビールの味が好きなので、ノンアルコールビール。
行ったとこ、載せておきます。

やゆよ
魚忠
mochajava cafe park side
長崎亭
Michele
池三郎

話題のCITY BAKERY
も行きましたよ。
福岡は、なんでも美味しい。
泊まったところは、路地裏のおしゃれなお店が多いエリアでした。BRANCH山響屋さん(岩田屋にて隣のスペースで出展されていました)では9様とN君にお土産を買いました。また福岡行く時も絶対によりたいお店です。
a0158321_11474827.jpg
山響屋さんで、袋に絵を描いてくれるオーナーさん。
「招福」いただきました。

a0158321_11461480.jpg
a0158321_11463606.jpg

太宰府、朝の7時半。
さすがに、人はまばらでした。9時過ぎますとね、すごい混雑です。
隈研吾設計のスタバは8時からですから、先にお参りしてから、寄りました。
ご参考までに。









[PR]
# by atelieryauyau | 2018-05-05 12:34 | arts & life | Comments(0)
御礼『クリエイターの母の日ギフトレシピ』
a0158321_10335604.jpg
福岡の岩田屋本店ステージ#6での販売、5月1日17時をもちまして終了しました。お立ち寄りくださったお客様方、ありがとうございました。搬入含めて8日間お世話になりました岩田屋のスタッフの方々、ご一緒した出展者のみなさまにも。
ご注文いただいた内袋は、今月末までにお届けできるよう進めますので、しばらくお待ちくださいませ。
a0158321_10341330.jpg
今回は、母の日が近いこともあって、キャンペーン"Mom smile !" という、ピンクのゾウさんイラストを活用したPOPを作ってもらえました。その脇に立っているのは、メッセージカード。どちらも可愛いし、今後のイベントのPOPにも応用できそう。

大型連休の前半だけあって、普段から福岡にいらっしゃる方だけでなく、他地域からのお越しもありました。「福岡に親戚がいるから」「東京から子供が帰ってきているから」「福岡を観光してて」などなど、偶然通りかからなければお会いできなかったわけで、ありがたいことでした。
もちろん、週替わりで催事が繰り広げられるステージ#6 を楽しみに通っていらっしゃるお客様もいらして、親しげに「珍しいわね」「可愛いバッグね」と声をかけられることも多くあり、他出展者さんのお客様がたの話を聞いてても、同様に安心されてお買い物されていることが伺え、安心してもらえるってモノに必要なことなんだなと改めて思いました。


「お店はどこにあるの?」もよく尋ねられました。
「お店はないですが、ソラマチの地場産業を紹介するエリアで、年に数回展示しています」と、私。
ソラマチをご存知のお客様が多かったのも、驚きでした。
外に出るからこそ、自分の普段の居場所も違って見えて。また次のこと、よりよく進めたいと思います。


そうそう、福岡、評判通り美味しく楽しかったので、旅記録を次の投稿で載せようと思います。
ご期待ください。










[PR]
# by atelieryauyau | 2018-05-05 11:32 | event | Comments(0)