ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
秋の市 ありがとうございました
先週19日まで参加していました、とうきょうスカイツリータウン・ソラマチのまち処さんでの「秋の市」、盛況のうちに終了いたしました。
足をお運びいただいた方々、ありがとうございました。

会期中、私のインスタをご覧になられた外国からのお客様がお立ち寄りくださり、まち処スタッフさんの計らいでお会いすることが出来ました。決して数多くはない私の仕事が、どなたかのアンテナにピピっと反応することがあることが、本当に嬉しいし、続ける気力が湧きます。

まち処さんでは、12月にまた革のバッグスクール繋がりでの展示販売があります。こちらの機会では頻繁にお店番に行く予定ですので、革のかごバッグの内袋など、ご検討されているもののご相談がありましたらお気軽にご連絡くださいね。

a0158321_11370081.jpg
昨日は、すみだ北斎美術館へ、早速その打ち合わせに。
展示でご一緒いたします山中政江先生が、大江戸すみだ職人展に実演参加されています。

a0158321_11371590.jpg
割と近くの、GALLERY MoMo では、村田朋泰さんの新作も観られますよ。
http://www.gallery-momo.com/current-ryogoku-jp

どちらも、じっくりどうぞ。


*****

ATELIER YAUYAUの excite のアドレスは使用できなくなりました。
今後のメールでのご連絡は、こちらにお願いいたします。↓
atelieryauyau☆gmail.com
(☆をアットマークに変換してください)


[PR]
# by atelieryauyau | 2018-09-23 11:59 | event | Comments(0)
秋の市 出展のお知らせ
秋のイベント・第一弾が明日から始まります。


9月7日(金)〜19日(水)10-19時
東京スカイツリータウンソラマチ
産業観光プラザ すみだまち処
「秋の市」

a0158321_20100144.jpg
a0158321_20094737.jpg
a0158321_20092300.jpg
a0158321_20093509.jpg
a0158321_20090995.jpg

革のかごバッグは、定番のショルダータイプ、小さめのboatと大きめのmoneのサイズをご覧いただけます。


boatはカラフルにご用意しました。

初期設定の黒い綿生地のほかに、これからの季節に楽しみなウール生地の内袋も数点用意しています。

お店番は9月19日の16時〜の予定です。
(↑9/15に加筆しました!)



お持ちのサイズに合った内袋のご依頼がありましたら、メール または メッセージにて、お気軽にお知らせください。


*****

ATELIER YAUYAUの excite のアドレスは、9月までしか使えません。
今後のメールでのご連絡は、こちらにお願いいたします。↓
atelieryauyau☆gmail.com
(☆をアットマークに変換してください)







[PR]
# by atelieryauyau | 2018-09-15 14:13 | event | Comments(0)
森のことりえ ありがとうございました。
9月9日 森のことりえ
大にぎわいでした。
a0158321_10015105.jpg
「きょうは牛さんの革です」

ものには、たどればそれぞれの由来あり。この丸いものから、想像するのは難しいだろうけど、ね。

a0158321_10013678.jpg

ハンマーを置くと、たちまちボーイズが寄ってきます。
トップヒッターはことりえ上級者。

革のワークショップにいつも参加してくれてるので、道具の扱いには慣れています。ものを作る姿勢の違いが面白い二人。私もそれをちょっと分かっているので、アイデアを交わす距離がとりやすい。


a0158321_10021644.jpg
円の中心を捉えやすくした型紙を用意したので、配置がうまくできてました。
写真の彼女は、数年前の革のキーカバーを今も使っててくれました。うれし。

a0158321_10020290.jpg
クリップ付きのブローチ金具の取り付けは、金具でも、麻糸縫いでもOKとしたら、8割くらいのお子さんが、縫う方を選びました。

「縫い物したことある?」
「ない」
「糸の端結んだことある?」
「やったことない」
こんな会話が、その中の8割。
それでもね、縫ってみよっかね。

厚い革を選んで持って行ったので、太い縫い糸での運針を難しく感じた子もいたようです。私は運針は手伝わず、穴を広げるとか励ますとかしながら、手に残る扱いづらさや友達のがよく見える気持ちとか、小学生の頃の意識の回路を思い出していました。

会場の神明幼稚園と、近くの小学校では、ことりえのチラシが配布されているそうです。校区域の小学生が、友達だけで待ち合わせたりして来てくれてました。

ことりえで作った記憶が、自分で作ることを好きになるきっかけになるだろうな。うちの小学校でも、うちの住宅の子供会でも、お祭りやイベントはあるけれど、ことりえみたいな機会はないので、この街で育つ子たちがうらやましい。

運営の方々には、尊敬と感謝です。
「革の人」是非また演じさせてもらいたい。








[PR]
# by atelieryauyau | 2018-09-10 10:47 | event | Comments(0)
明日は森のことりえ!
森のことりえ

9月9日(日)10:00~16:00
神明幼稚園ホール&園庭


いよいよ明日開催です!
会場は深川神明宮敷地内にある、神明幼稚園ホール&園庭。
今回も沢山のワークショップがあり、ご飯・スイーツもバラエティ豊かで、いろいろ試すと結構お腹いっぱいになれますよ。

ATELIER YAUYAU は革のバッジ作りです。
a0158321_23154685.jpg
今回は牛さんの革です。
刻印の入りやすいヌメ革を湿らせてトントン模様をつけ。
前々回だったか(⭐︎)、「目見当で真ん中を決めて」と言ったら、「分かんない!」「真ん中ってどこ?」と言われたので、中心がわかりやすい型紙を用意しました。私はかなりのざっくり派なので、ほどほどに信用してもらいながら、作られる方の個性を出してもらいたい。

左右対称に入念にしつこく模様つけると非常に良い仕上がりになると思います。シンプルがお好きな方は、金具で止めるだけでも良いんじゃないかな。

アイデアの交換をしましょう。

おひとつ800円。
どうぞいらっしゃいませ。






[PR]
# by atelieryauyau | 2018-09-08 23:31 | event | Comments(0)
革のかごバッグ_totebag_green

a0158321_20401957.jpg
8月後半のお仕事・totebags
何年もかごバッグ作っていますが、グリーンの革に内袋黒のtotebagは初めての生産でした。

黒い生地はお盆休みあけに仕入れに行きました。
巻をレジに運んでカットの依頼を伝えると、通い慣れた生地屋のマスターは少し困って、「予約が入ってる」と言いました。
あらら。
余りでも良いですが。
「余らない量(の注文)なんだ」

でもマスターは、「棚に入れたままにした俺も悪いから」と言って、新規の一反の在庫を問い合わせ、発注をかけ、先約の発送を翌日に回す手配をしてくれて、私の希望の数メートルをカットしてもたせてくれました。
「あなたが来たんじゃ、しょうがないよね」と笑いかけてくれたお顔に、申し訳なさと感謝で変な顔しか出来なかった。
「次からは、電話で在庫確認してから来てね」
そうします。

帰り道、予定より遅くなってしまったので、私はN君に電話して昼食の調理の仕方を説明しました。予定がある彼は、自分でやって食べて出かけなければいけなくて。
私はちょっと持ち直した平静で易しく伝え、彼は自分でなんとかしてくれて。マスターからもらった親切を、次のパスに回せたような感触が残りました。
優しさは、伝染する。
でも何かと、汗だく。嗚呼夏休み。


急遽ですが、9月7日から2週間、
ソラマチのまち処さん企画の「秋の市」に参加させていただくことになりました。
搬入まで残すところ数日です。
予定より多く仕入れた生地も、活用します。





[PR]
# by atelieryauyau | 2018-08-31 21:56 | products | Comments(0)
夏休み2018

a0158321_14351690.jpg
写真は、岐阜県大垣市赤坂町にあります昼飯古墳(ひるいこふん)。
復元された部分には、地元赤坂中の学生が作った埴輪が並べられています。2002年まで放置されてて竹藪だったという解説に、周りの木立がみんな未整備な古墳跡に思えてくる。
a0158321_16112751.jpg
でもって、昼飯古墳の上に登ると、化石や石灰岩で有名な金生山の削られた山肌と、石灰を加工する工場の煙と、低くたれこめた夕立雲の不穏さが加わって、不気味な感じでした。

金生山化石館にも行ってきました。
古世代の化石がわさわさ出てくるこちらの土地。約2億5千万年前に赤道直下にあったサンゴ礁が発掘されているそうで、私は歴史と時間の感覚がおかしくなっちゃって何が理解できるのか分からないわーと当惑。

すると、館の地階にいらした研究員(ぽい)のおじさまが、N君の年齢をすぐ見抜き、彼にも分かる言葉で金生山で採れる石灰岩について説明してくださいました。

現在も美濃赤坂駅から金生山には貨物線が伸びていて、石灰岩が積み込まれ、JR東海の線路を使って鉄道で愛知県の知多に運ばれて、オーストラリアから輸入される鉄鉱石の加工に使われ、鉄が作られて、それがトヨタの車になってるそうです。
(THE 中部〜!と私は膝を打つ)

おじさまのお話はとうとうと続き、金生山で採れた赤鉄鋼は壬申の乱の大海人皇子軍の武具にもなっていたという部分には、歴史好きなN君が静かに食いついてました。その後、美濃国分寺跡と、歴史民俗資料館に寄り、激しい夕立の中アーチ状の虹をくぐりながらの帰路。私のお里は大垣市じゃなくて岐阜市でして、こちらに赴くのは初めてでした。いやはや、教えてくれた従兄弟(歴史に超詳しい)と、車で連れてってくれた姉に感謝。

私が現在住んでいる東京深川では、江戸時代・関東大震災・東京大空襲のことはよく耳にするのですが、それ以前はほぼ聞かない。ディベロッパーに相手にされることない土地には、そうした遺跡がすぐ隣にフツーに残ってて、妄想タイムトラベルのスケールが大きくていいなぁと思いました。

ただいまN君、夏休みの自由研究で大垣市についてまとめていますが、こんなおっきなスケールの歴史じゃ、どこから書いたらいいのか分かんないよねぇ。

a0158321_14334032.jpg
今年の夏の絵のお題は、「私の宝物」
宝物=友達
=岐阜のおじいちゃんちの犬

アーチ状のトンネルの向こう側は、私の親族のお墓のある地域です。
お盆は、あちらとこちらが繋がる時なんだよねぇ。

「古墳はお墓。お盆は魂が帰ってきとる時期やで、写真は撮ったらあかん」と、亡くなった祖父に昼飯古墳に連れて行ってもらった時に言われたと、史跡を教えてくれた従兄弟は笑って話してくれたのも、思い出のひとつです。


*****

ATELIER YAUYAUの excite のアドレスは、9月までしか使えません。
今後のメールでのご連絡は、こちらにお願いいたします。↓
atelieryauyau☆gmail.com
(☆をアットマークに変換してください)






[PR]
# by atelieryauyau | 2018-08-25 16:15 | arts & life | Comments(0)
革のかごバッグ_LINE7_3×4
ただいま、ご注文の品を生産中です。
a0158321_21542739.jpg
a0158321_21544208.jpg
革のかごバッグ LINE7_3×4

横幅のまちが7cmに、3段×4列
という意味です。
LINEのシリーズは、まちの幅と段と列で組み合わせ無限ですが
この寸法かわいいです。

内袋は黒。
取り外し可能なショルダーベルトはオプション。
丸底のかごバッグに、ショルダーベルトがつく場合は、
持ち手紐がありませんので、
ハンドバッグ利用と2way にされたい方には
LINEのシリーズをオススメしています。

新しいかごバッグ、
程よい使い方をご検討されてからのオーダーでした。
こちらも、ご活用いただけますように。


*****

ATELIER YAUYAUの excite のアドレスは、9月までしか使えません。
今後のメールでのご連絡は、こちらにお願いいたします。↓
atelieryauyau☆gmail.com
(☆をアットマークに変換してください)

*****

2018年8月11日〜14日
お盆休みをいただきます。

メールの返信は、15日以降になります。
どうぞよろしくお願いいたします。






[PR]
# by atelieryauyau | 2018-08-10 21:59 | products | Comments(0)