ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
学童クラブでの工作教室_2018冬休み
26日、うちの区は冬休み初日。
春休みに工作教室にうかがった学童クラブ()に、また呼んでいただきました。
a0158321_21285841.jpg
大きさは、このくらいの、革のバッジ。
「次、どうしたらいいですか?」
と、囁くようにちょこちょこと聞いてくれた彼女。
人となりが出ているように感じました。

a0158321_21291220.jpg
丸に抜いたヌメ革に、刻印棒で模様を打ち込み。
裏面にボンドで金具を貼り付けて、革のチップで押し止めます。

枚数が多いとか、縫うとか金具を使うとか、わりと詰め込みがちなのが私の教材ですが、登録児童が300人とも聞く大所帯クラブで申し込み者も多いため、「受け入れ人数マックスでお願いします!」という熱心な主任の先生の思いを受けて、スピーディにできて単純な簡易版。
でも詰め込めるだけ、詰め込んでみました。

a0158321_21355550.jpg
熱血な先生の思いが届いてるクラブでは、スタッフの皆さんもとても臨機応変で、サポートが的確でありがたいことこの上なし。
おかげさまでするりするりと進んで、交代制で全60人、120分で後片付けまで収まりました。

時間のことだけじゃなくて。
内容も、多分十分伝わった感触。

「どうなってたらいいかなぁ?」
その時間は、十分取れていたようです。



a0158321_21345773.jpg
a0158321_21343799.jpg
応募者多数につき抽選に漏れた子がいたそうで、「抽選に漏れた子から次は参加させてあげたいです!」先生はまた熱くリクエストしてくださいました。


「革の工作、学童クラブでやったことあるんだ」
って、いずれはどこかで誰かが口にしてくれるのかもしれない。
もっとたくさん引き出し作っとかないと、な。
簡単でも、工夫した感触が残るやつ、ね。








by atelieryauyau | 2018-12-27 22:07 | school | Comments(0)
<< 2018年ありがとうございました merry christma... >>