ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
merry christmas 2018

a0158321_15544712.jpg
12月に入ってから、N君の机に、
「こんにちは。まいどおなじみNです。」
から書き出された、白い紙が置いてあるようになりました。

え?
サンタって、もうN君の中で幼い頃とは別のものになってしまったんじゃなかったっけ??(20172016の記録)

その後、「(友達の)K君がサンタは親だとうちで言ったら、親に信じてない子にはプレゼントが無し」と言われたと何度も言いつつ、「プレゼントのお願いの手紙書かなきゃな〜」
と繰り返していました。

親がサンタになりすます楽しみを
削いではいけないと気を遣っているのかな?
プレゼントもらえないのが嫌だから、
信じているふりしているんだろうな。
くらいに、私は思っていました。

22日あたりに彼は折り紙で封筒を作り、
ベランダに出て窓の外側に貼り付けていました。

封筒の外側には「読んで」
文の書き出しに続くのは、
「サンタさんへのお願い」
いつになくきれいな字(N君の字は普段すごく汚い)。

中の便箋には、NHKの"チコちゃんに叱られる"で仕入れたネタを引用しつつ、リクエストのランキング表と、サンタさんのがんばり時は今です!という暑苦しい励ましが端までびっしり。

…え?

文面の押し付けがましさはさておき、サンタの「あたりまえのこと」の白黒は、まだクルクルと回っているのかも。25日の朝に、リクエストとは違う大きなプレゼントの箱を見つけたN君に、大きな声で呼ばれて、私は「これが最後かな」、と思いながら驚いたふりをしました。



で、N君はルンルンで学校にいったのですが、帰ってきてからの話によると、誰それはゲームをリクエストしたのに漢字ドリルだったとか、親御さんと映画を観に行ったとか、まだ決まっていないとか、今度親と買いに行くだとか、割と現実的で吹きました。

あぁ、サンタ劇場、面白かった。
来年もし続編があったら、書きますね。







by atelieryauyau | 2018-12-25 15:54 | arts & life | Comments(0)
<< 学童クラブでの工作教室_201... Leather goods C... >>