ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
森のことりえ ありがとうございました。
9月9日 森のことりえ
大にぎわいでした。
a0158321_10015105.jpg
「きょうは牛さんの革です」

ものには、たどればそれぞれの由来あり。この丸いものから、想像するのは難しいだろうけど、ね。

a0158321_10013678.jpg

ハンマーを置くと、たちまちボーイズが寄ってきます。
トップヒッターはことりえ上級者。

革のワークショップにいつも参加してくれてるので、道具の扱いには慣れています。ものを作る姿勢の違いが面白い二人。私もそれをちょっと分かっているので、アイデアを交わす距離がとりやすい。


a0158321_10021644.jpg
円の中心を捉えやすくした型紙を用意したので、配置がうまくできてました。
写真の彼女は、数年前の革のキーカバーを今も使っててくれました。うれし。

a0158321_10020290.jpg
クリップ付きのブローチ金具の取り付けは、金具でも、麻糸縫いでもOKとしたら、8割くらいのお子さんが、縫う方を選びました。

「縫い物したことある?」
「ない」
「糸の端結んだことある?」
「やったことない」
こんな会話が、その中の8割。
それでもね、縫ってみよっかね。

厚い革を選んで持って行ったので、太い縫い糸での運針を難しく感じた子もいたようです。私は運針は手伝わず、穴を広げるとか励ますとかしながら、手に残る扱いづらさや友達のがよく見える気持ちとか、小学生の頃の意識の回路を思い出していました。

会場の神明幼稚園と、近くの小学校では、ことりえのチラシが配布されているそうです。校区域の小学生が、友達だけで待ち合わせたりして来てくれてました。

ことりえで作った記憶が、自分で作ることを好きになるきっかけになるだろうな。うちの小学校でも、うちの住宅の子供会でも、お祭りやイベントはあるけれど、ことりえみたいな機会はないので、この街で育つ子たちがうらやましい。

運営の方々には、尊敬と感謝です。
「革の人」是非また演じさせてもらいたい。








by atelieryauyau | 2018-09-10 10:47 | event | Comments(0)
<< 秋の市 出展のお知らせ 明日は森のことりえ! >>