ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
まちのかばんやさん 出展のお知らせ
a0158321_06340334.jpg
「まちのかばんやさん」は、「革製品のお店」をイメージした期間限定の販売会です。
第4回目となる2019年春の会は、新規出展者を加えた7社で展開します。

ものづくりの盛んな墨田区は、皮革製造業の街としても認知度を上げています。すみだ工房ショップをはじめ、工房でのワークショップ、カフェなどのマーケットなどでのイベントも、多種多様に開催されています。
そうした新しい場所も含め、作り手として出会った者同士のネットワークをもとに「まちのかばんやさん」は構成されています。


個性的なもの・こだわりが詰まったもの・他のどこにも無いもの・には、あなたの「欲しかったもの」があるかも知れません。
それを手にして使うことで見出される革の魅力は、革ならではの楽しみであり、作り手の伝えたいことでもあります。

革の仕事の幅広さと面白さ、どうぞご覧ください。

■出展メンバー
丸ヨ片野製鞄所 http://www.maruyo.in/
HIS-FACTORY https://his-factory.com/
ATELIER YAUYAU http://atelieryauyau.wordpress.com/
FILHO http://www.facebook.com//filhodesign
auryn http://www.instagram.com/auryn.l.j/
biz+u http://bizulab.buyshop.jp/

***ATELIER YAUYAU 立会予定(2/15追記)
15日 13-19時
16日 13-19時
17日 13-19時
18日 14-19時
19日 13時半-19時
20日 13時半-19時
21日 13時半-19時
22日 不在
23日 13-19時
24日 13-19時
25日 14-19時
26日 不在
27日 13時半-18時

a0158321_06421149.jpg



# by atelieryauyau | 2019-02-15 06:42 | event | Comments(0)
まちのかばんやさん2019春
a0158321_18424838.jpg
a0158321_18430196.jpg

a0158321_18425469.jpg
いよいよ、明日は搬入です。
リクエストをいただいていた、大きめのバッグ類も数点づつ揃えました。
お店番は、22日・26日以外の午後はだいたいいる予定です。もうちょっとはっきりしたら、まちのかばんやさんのinfoページに追記してブログトップに設定しますので、お待ち下さいませ。

facebookのイベントページ
出展者さんの紹介を投稿しました。
とっても多様です。どうぞご覧ください。






# by atelieryauyau | 2019-02-13 18:49 | event | Comments(0)
ただいま生産中です20190201
a0158321_20041103.jpg
お待たせしています、バッグ、仕上がりはじめました。
2月中旬お届け分、仕上がったものからご連絡差し上げています。お待ちいただきまして、ありがとうございます。

いままさに寒さは本番を迎えていますが、日が長くなって来ましたね。白い内袋をセットインした状態が、春物のように見えてきます。

a0158321_20043823.jpg
こちらは、まちのかばんやさん用。
これから、取り外し可能なショルダーベルトを作り、2wayバッグとしてご紹介予定です。
12月に、「この緑が本当に好き!」と言ってくださった方のお顔が浮かびます。全サイズ全色は作れませんか、色によって雰囲気がとても変わることは、ご覧いただけるようにと支度中です。

いよいよあと2週間後に搬入。
今回も幹事を担当していますので、もろもろも準備進行中。ご一緒する出展者さんのご紹介は、週明けからfacebookの"まちのかばんやさん"イベント情報にアップしていく予定です。その際はこちらにリンクを載せますので、どうぞ引き続きチェックしてくださいね。











# by atelieryauyau | 2019-02-01 16:08 | products | Comments(0)
2019年謹賀新年

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

お仕事始めは、3日の午後から。
オーダー品の製作にとりかかっています。
ナチュラルな色の革は端処理する際もひとつづつ、塗料が銀面につかないように気を遣いながら行っています。一枚の革から切り出したというのに、ピースひとつひとつの色の違いは、特徴のように見えて甲乙つけがたい。
a0158321_14121440.jpg
年末に届いた、H.P.E.谷由起子さんからのお葉書を添えて。
谷さんは、ラオスでの仕事に区切りをつけ、新しいスタートを迎えられたそうです。次なる知らせを、楽しみにお待ちしようと思います。


私の昨年のテーマは"circulation"_循環で、製作のリズムと人からの投げかけへの呼応、できるだけ早めに自分の中を通し次に進めていくことを心がけていました。
わりと自分の中で煮込んじゃいがちなので、煮込みすぎる前の仕上がり時の見極めて出す。その先に委ねる。引き続きこの心がけは持ちたいと思います。

また、予期せぬ事に、過去に関わって縁薄くなっていた出来事を再考したり、人と再会する機会が多くありました。学生時代・アートプロジェクト・旧職場の友達、子育てを通しての追体験等々、
思っているよりも長い間隔を開けて、巡ってくる循環もあるのだと知りました。
その関係の名残は、それなりに、とても愛おしい。

途切れていたものにまた巡り合うと、いま「続けている」ことがくっきりしてくる。
日々の仕事があることが循環を生むのだと思います。
「日々の仕事を潔く」
大きな目標ですが、今年はこちらで。










# by atelieryauyau | 2019-01-04 16:08 | arts & life | Comments(0)
2018年ありがとうございました
ATELIER YAUYAU 2018年出展記録

2/23-3/7《まちのかばんやさん》 東京ソラマチまち処 東京
4/25-5/1《クリエイターの母の日ギフトレシピ》 福岡岩田屋 福岡
6/29・7/4《まちのかばんやさん》 東京ソラマチまち処 東京
7/6-11《革と硝子とものづくり》 東京ソラマチまち処 東京
9/8 《森のことりえ》深川神明幼稚園
9/7・19《秋の市》東京ソラマチまち処 東京
10/16-29《smallish》MERIKOTI 東京
11/11《深川ヒトトナリ》snug 東京
12/7-19《LEATHER GOODS CHRISTMAS MARKET 2018》東京ソラマチまち処 東京

イベントとしての記載はありませんが、軽井沢のキューカルアトリエさまで 年間を通してお取り扱いいただきまして、たくさんの方にご覧いただけており感謝です。

***

今年は生産と展示で本当に忙しく過ごすこととなりました。
お手にとってくださった皆様、使ってくださっている皆様のおかげです。本当にありがとうございました。


また、墨田区のバッグメーカーである丸ヨ片野製鞄所さんのお声がけのもと行われる、東京スカイツリータウン・ソラマチのまち処での展示を3種類、企画を担当させていただきました。ドーンと任せてくださる片野さんとのご縁は、本当にありがたいことだと思っています。これは製作とはまた違った業務であるようで、場所を作るという意味では、大きな創作活動。お店を持たない、私の仕事の形態から考えると、このご縁があったから生き延びているのだと思います。

全企画が来年度も続けられそうで、どうしたらもっと良くなるか、細かいところまで良く気づけるように、なりたいなと思っています。

書き連ねればきりがない、身の回りの方々のお礼は、気づいた時にちゃんと心から伝えられるようにとも思う年末。
それもこれも抱負はあけてからということで。

a0158321_18024858.jpg
料理が好きな友人にお勧めしてもらった、おせちのレシピ本、有元葉子さんの「有元家のおせち作り」。こちらによると、銅製のお鍋は加熱具合が和食の料理にとても合うそうです。
近所のババグーリにも、銅製鍋がいつも並んでいて、素敵だなぁと思っていました。

むかーし、自分で銅を叩いて、作ったのがあるじゃん。ということで、久しぶりに引っ張り出して黒豆を煮ました。
鍋には、作った年が刻印してあります。
"MARI 1999"

作ったのは、20年も!前のこと。
昨日のことのように思い出せる、あの頃のモヤモヤしていた気持ち。


使うものを作るということは、今もなお、とても難しい。
それでもとてもやりがいのあることだと、今は分かります。
人に届く、ということの、意義。
続けていけば、分かることがあるんだな。



どうぞ来年も宜しくお願い申し上げます。







# by atelieryauyau | 2018-12-31 18:39 | Comments(0)
学童クラブでの工作教室_2018冬休み
26日、うちの区は冬休み初日。
春休みに工作教室にうかがった学童クラブ()に、また呼んでいただきました。
a0158321_21285841.jpg
大きさは、このくらいの、革のバッジ。
「次、どうしたらいいですか?」
と、囁くようにちょこちょこと聞いてくれた彼女。
人となりが出ているように感じました。

a0158321_21291220.jpg
丸に抜いたヌメ革に、刻印棒で模様を打ち込み。
裏面にボンドで金具を貼り付けて、革のチップで押し止めます。

枚数が多いとか、縫うとか金具を使うとか、わりと詰め込みがちなのが私の教材ですが、登録児童が300人とも聞く大所帯クラブで申し込み者も多いため、「受け入れ人数マックスでお願いします!」という熱心な主任の先生の思いを受けて、スピーディにできて単純な簡易版。
でも詰め込めるだけ、詰め込んでみました。

a0158321_21355550.jpg
熱血な先生の思いが届いてるクラブでは、スタッフの皆さんもとても臨機応変で、サポートが的確でありがたいことこの上なし。
おかげさまでするりするりと進んで、交代制で全60人、120分で後片付けまで収まりました。

時間のことだけじゃなくて。
内容も、多分十分伝わった感触。

「どうなってたらいいかなぁ?」
その時間は、十分取れていたようです。



a0158321_21345773.jpg
a0158321_21343799.jpg
応募者多数につき抽選に漏れた子がいたそうで、「抽選に漏れた子から次は参加させてあげたいです!」先生はまた熱くリクエストしてくださいました。


「革の工作、学童クラブでやったことあるんだ」
って、いずれはどこかで誰かが口にしてくれるのかもしれない。
もっとたくさん引き出し作っとかないと、な。
簡単でも、工夫した感触が残るやつ、ね。








# by atelieryauyau | 2018-12-27 22:07 | school | Comments(0)
merry christmas 2018

a0158321_15544712.jpg
12月に入ってから、N君の机に、
「こんにちは。まいどおなじみNです。」
から書き出された、白い紙が置いてあるようになりました。

え?
サンタって、もうN君の中で幼い頃とは別のものになってしまったんじゃなかったっけ??(20172016の記録)

その後、「(友達の)K君がサンタは親だとうちで言ったら、親に信じてない子にはプレゼントが無し」と言われたと何度も言いつつ、「プレゼントのお願いの手紙書かなきゃな〜」
と繰り返していました。

親がサンタになりすます楽しみを
削いではいけないと気を遣っているのかな?
プレゼントもらえないのが嫌だから、
信じているふりしているんだろうな。
くらいに、私は思っていました。

22日あたりに彼は折り紙で封筒を作り、
ベランダに出て窓の外側に貼り付けていました。

封筒の外側には「読んで」
文の書き出しに続くのは、
「サンタさんへのお願い」
いつになくきれいな字(N君の字は普段すごく汚い)。

中の便箋には、NHKの"チコちゃんに叱られる"で仕入れたネタを引用しつつ、リクエストのランキング表と、サンタさんのがんばり時は今です!という暑苦しい励ましが端までびっしり。

…え?

文面の押し付けがましさはさておき、サンタの「あたりまえのこと」の白黒は、まだクルクルと回っているのかも。25日の朝に、リクエストとは違う大きなプレゼントの箱を見つけたN君に、大きな声で呼ばれて、私は「これが最後かな」、と思いながら驚いたふりをしました。



で、N君はルンルンで学校にいったのですが、帰ってきてからの話によると、誰それはゲームをリクエストしたのに漢字ドリルだったとか、親御さんと映画を観に行ったとか、まだ決まっていないとか、今度親と買いに行くだとか、割と現実的で吹きました。

あぁ、サンタ劇場、面白かった。
来年もし続編があったら、書きますね。







# by atelieryauyau | 2018-12-25 15:54 | arts & life | Comments(0)