人気ブログランキング |
ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
アトリエ公開日のお知らせ
a0158321_23094849.jpg

ATELIER SHOP OPEN DAYS
5月30・31日 10〜17時
6月1・2日 11〜18時

今年3月に念願のアトリエを構えました。
普段は製作のため公開はしていませんが、工房オープンディとして数日開けて、新しいことを試みたいと思っています。

革のかごバッグのサイズ・カラーオーダーや、入れ替え用内袋をご注文いただけます。また、2011年より続けている革の手縫い教室の教材や、ワークショップのアイテムなども一部ご紹介いたします。

これまでの展示会とは違った一面をご覧いただける機会ですので、どうぞお気軽にお越しください。


場所↓
http://atelier-yauyau.business.site/



****

私一人で作れる量は限られ、
材料や機械の存在感は重く、
どのくらい"shop"と言えるものになるのか見えないでいます。

でも、7坪と小さな空間でも、
人の往来のある場所に製作環境が移ったことは、
とても大きな変化で、製作が格段に楽しくなりました。

革を材料とする仕事の面白さを、お伝えしたい。
さて、今日は何を作ろうかな。
できる限りのこと用意して、
お待ちしています!










# by atelieryauyau | 2019-05-16 23:33 | event | Comments(0)
4月28日は森のことりえ
a0158321_21042508.jpg
a0158321_21043442.jpg
森のことりえ
web→
【森のことりえ】は、古きよき下町・森下で、コドモとつながりながら楽しく過ごす時間をもとう!という気持ちからうまれました。ことりえの「りえ」は、フランス語で「料理のつなぎ」という意味です。コドモとオトナ、お友達、子育て中のママや地域の方々など、みんなが楽しくつながる場所を願って始まりました。


4月28日 10〜16時
江東区森下1-3-17
神明幼稚園 ホール

ATELIER YAUYAU
*ぱっちん革ホルダー 作り*

コードを巻いたり、バッグにつけたり出来るボタン式のホルダーです。牛の革に金具でトントン模様をつけて楽しみましょう。


縫わないで、一枚革でぺらっとでも作れます。

革を張り合わせて、表も裏も革のもできます。

ミシンステッチを入れたのも用意しましたし
自分で麻糸で縫うこともできます。

さぁ、ご注文は、どちら?
お一つ800円です。

アルファベット刻印も持っていきますよ。
作る手応え、ありますように。








# by atelieryauyau | 2019-04-27 21:10 | event | Comments(0)
火曜日のアトリエヨウヨウ
a0158321_21584676.jpg
今日は、新しいアトリエで初の教室開催でした。
もう何年も通ってきてくださっている方々も、ここ最近のお生徒さんも、揃って来てくださいました。
みなさんで囲む机には、これまた忘れられないエピソード付きですので、ご紹介。

***************
机は、お生徒さんの旦那様にオーダーしました。
革は手縫いの際、目打ちをハンマーで革に打ち込んで糸通し穴を開けるのですが、しっかり打ち込めるように、板状の大理石を使います。これが重い。

市販のテーブルでも事足りるものはあるけれど、お生徒さんの旦那様が夫婦でご趣味の革作業のために、ご自分で作られたと聞いて、見せてもらいにうかがったのは、4月初旬のこと。
a0158321_21593721.jpg
お願いした2週間後には、スピード納品!
成田にある「趣味の部屋」で整えて持ち込んでくださいました。天板の下に板が渡してあって、頑丈なつくりです。
a0158321_21594967.jpg
a0158321_21595823.jpg
天板の合板は、ホームセンターをいくつも回って一番木目のきれいなものを選んできてくださいました。
全面にヤスリもかけてくださってて、なめらか。天板は万力が挟めるように、脚から数センチ出してあるという、気配りの細やかさ。

良木材ではありませんが、私にとっては超ベスト。
私の実家から送ってもらったレトロなダイニングチェアとも相性良し。自宅で使っていた楢の机とも高さがぴったり。何より、私にとって最初のお生徒さんご夫婦に、門出を支えてもらって、仕事ができる喜びったら。
a0158321_21590174.jpg
で、机活躍初回の本日、別のお生徒さんが、かわいいヘデラをくださいました。
グリーン、どうしようかなと悩んでいたので、とても嬉しい。

みなさま、今日もありがとうございました。








# by atelieryauyau | 2019-04-23 22:38 | Comments(0)
クリッカー始動!
a0158321_17485878.jpg
昨日、クリッカーが動くようになりました。
今までは、片野製鞄所さんにお世話になっていた裁断、これからは自分のペースで出来る喜びに、ぶるっと震えました。
こちらの機械が私の所に来るまでのドラマ、ダイジェストでお届け。

**************
ことの始まりは、片野さんからの中古クリッカーの紹介でした。
2月のまちのかばんやさん、スタートしたばかりの週末。
N君の中学入試も終わって、まちのかばんやさんはじまって、ホッとした、いや、する前だったと、思う。

ずっと欲しかったし、自宅の仕事部屋が狭く感じるようになっていたので、キープしてもらって、仕事場を探し始めました。
先述の角田さんのおかげで、ものづくり可物件は見つかり、さて、中古クリッカー、どうやって運ぶ?
紹介してもらって、断られて、凹んで、また紹介してもらって、交渉して、、。
どうやらすごく移動が大変な場所にあったようです。道路までの高低差、細い私道に加えて途中にマンホール。(私は現場は見ていない)

3月31日、兄が午前中車を出してくれて、自宅の作業部屋から機械以外の仕事道具を移動し、待機。
クリッカーのほうは想定よりずっと難航され、予定より2時間以上遅れて、アトリエの前に届きました。


a0158321_17491903.jpg
ここでクリッカーから油が漏れてることに気づいて、あわわ〜となる。持ち上げる度に拭くことに。

革をストックするガチに年季の入ったスチールラックも、クリッカー購入費にコミにしてもらいました。



a0158321_17493733.jpg
門型組んで、持ち上げて移動。
鉄板敷いて、台車に乗るように降ろして、押す。
運搬屋さん方の声かけがとってもポジティブなモードで、一人でできないことってこうやって動かすんだなと思いました。

差し込みプラグは、全然プラグ受けに届かない距離だよ。
この後は、電気まわりのことに関心が移行。クリッカー動くかな?という心配とともに。
a0158321_17495756.jpg
4月3日、馴染みの業者さんに依頼し、ミシンと漉き機を自宅から移動。
ミシンは購入からもう10年、整備したことがなかったので、点検後、手入れの仕方や抑えの調整の方法も教えてもらいました。

さらには、油を入れたまま運んで油漏れしたクリッカー(本当は油を抜いてから移動するらしいです。知らないって怖い!)の油量をチェックしてもらい、オッケー。電源が入らなかった時に、配線をどう変更したら動くのかも教えてもらいました。これが、後ほど役立つことに。

a0158321_17501056.jpg
ある日。
街は、桜満開。
PARLOURさんに、癒されにパフェ食べに。

N君は、春休み真っ最中。
かまってあげられない日々に、いろんなママ友が何回も花見や遊園地に連れてってくれて、大変助かりました。

a0158321_17502692.jpg
またある日。
江戸川に住まれているお生徒さんのお宅に、旦那様が作られた作業机を見せてもらいに。
単なる趣味とおっしゃいますが、木が組んで作ってあって、こだわったお仕事。革の手縫い教室では、大理石の板を使うため、重さに耐えられる頑丈な机が必要なのです。製作を依頼し、こちらは、現在進行中。とても楽しみ。

a0158321_17504162.jpg
通電にいらした東電の業者さん。

3月に何度か問い合わせた低圧電力について、とある男性が担当の際、機械の銘板のことを細かく聞かれ、物件に設置されていた契約方法を変更することに。電気屋さんを通す負荷設備契約。

申請担当と、配線担当の電気屋さんにお世話になりました。
プラグ受けに繋げるように線を延長し、東電に契約申請出しもらって、現場確認後、パス。そして通電!

しかーし、クリッカー動かず。
電気は通ってる音はするけど、ヘッドの部分が持ち上がらない。
つきまとう、油漏れたからかな?という不安。

a0158321_17505341.jpg
再度配線担当の藪さんに来てもらい、ミシン屋さんに教えてもらった、通電しても動かなかった時の配線変更をしたら、クリッカーがウィ〜ン!と頭を上げました。
やったー。

町の電気屋・薮さんはお茶目な方。ジャンパーのポケットに入れてた本のイラストがヨシタケシンスケだったことが、忘れられないよ(そのジャンパー、忘れて帰っちゃうし。。)
クリッカー移動の日に下見に来てくれて、一緒に押してくれたし、ヤマ場では「あなたは変に手を出さない方がいいんだよ」と、落ち着かせてくれたっけ。
等々、いろいろな方々のお仕事に支えられて、クリッカーは動くようになりました。
感謝!
a0158321_17511523.jpg
で、今日は特許庁に。
帰りに銀座で降りて、MUJIの新しいお店を見に行くと、ダイナーはものすごい列。6階のラウンジのカフェは空いてました。
今和次郎の『考現学』がふらっと読めるところにあり、ぐっと読む。
深川の調査の記述が、いちいち泣けます。
さて、その地に縁のある現在、何を作って行こうかな。
目当てに向かったはずのArt Book Fairよりも、今の本の方がずしんと来たよ。

何はともあれ、長生きしてね、クリッカー。







# by atelieryauyau | 2019-04-10 18:50 | arts & life | Comments(0)
これからはこちらで
a0158321_13523577.jpg
a0158321_13530151.jpg
a0158321_13531920.jpg
この度、墨田区千歳にアトリエを構えることになりました。

竪川にかかる、一之橋近くの、江島杉山神社さまの参道沿いです。JR両国駅からも、都営地下鉄の森下駅からも歩ける距離で、素敵なカフェや美味しいパン屋さんなどもご近所にあります。

小さな仕事場で、ミシンや機械が入るとすぐに密度高くなりそう。機械の搬入など、すべてがこれからでヤマだらけです。でも、仕事がしっかりできる環境を整える時期にたどり着けて、不安もありますが、とても嬉しい。
教室も、今後はこちらで開催予定です。
4月中に整えていきたいと思います。

ものづくりをして良い物件を探すのは、結構大変でした。
機械の音や電源なども含め、丸善商事の角田晴美さんには本当にお世話になり、支えてもらいました。
9年間の営みを通じたご縁に支えられて、本当にいろんな方のお世話になりつつ進めています・進みますように。


これからは、こちらから。
改めて、どうぞよろしくお願いいたします。






# by atelieryauyau | 2019-03-28 14:10 | products | Comments(0)
ただいま生産中です20190321
a0158321_18342475.jpg
ブログの更新がずいぶん久しぶりになっていました。
ただいま、生産中です。

仕上がりましたのは、ご注文いただいたtoccaサイズ。
昨年、4696tuuliさまのインスタでご紹介(4696tuuliさまありがとうございます!)いただいたこともあり、この冬よく作ったサイズでした。軽井沢のキューカルアトリエ様にもお届けしましたので、ご興味のある方はぜひお店でご覧ください。


今週はこれから、追加の内袋の生産に入ります。春らしい生地でのお作り、気持ちが焦る陽気の到来です。ご注文いただいているお客様、もうしばらくお待ち下さいね。

桜、咲いたかな。
見頃を迎える頃、いろいろと境遇が変化しているはず、です。
どうぞまた、ブログをチェックしてくださいね。







# by atelieryauyau | 2019-03-21 18:47 | products | Comments(0)
まちのかばんやさん 2019春 終了しました 

a0158321_08123407.jpg
《まちのかばんやさん》、27日にて終了しました。
たくさんの方々にご来場いただけましたこと、御礼申し上げます。
ご注文もありがとうございました。お届けまでしばらくお時間いただきますが、お待ち下さいますようお願いいたします。
今回は、SNSを通じたお問い合わせもいくつかいただきました。今日中にカタログの郵送はいたしますので、お届けまでいましばらくお待ち下さい。

会期中は、ご要望を直接、多岐にわたってうかがうことができたのが大いなる収穫でした。でもって、後の機会でご覧いただくためには、手を動かし続けなくては!と熱く思い、リクエストいただいたものを仕上げて追加したり、ディスプレイを変えたりと、毎日新しいことやものを加えてました。在店時は、修理やメンテナンスの対応も出来て、お使いいただいていることを実感し、またゴーッっとやる気が熱くなる、好循環が起こってホカホカでした。

《まちのかばんやさん》企画は、革でのものづくりをする7社それぞれ、説明の添え方や、お渡しの付属品、そのアイデアのもとなど、こだわりについての情報交換が活発なのです。作りとか、厚みとか、革の選定や処理方法など、話したいし、知りたい。いいなぁすごいなぁと思うし、また見せてもらいたいなと思いました。

話は変わりますが、写真のスカイツリーは、ソラマチの30階あたりです。
上でもなく、下の方でもない、お腹のあたり。
レストランフロアがありまして、ツリーの展望室と違ってすごく並ばなくてもいつでも上がれます。今後のご来場のご参考までに。






# by atelieryauyau | 2019-03-01 08:50 | event | Comments(0)