ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
明日4月30日は《森のことりえ》
a0158321_17202219.jpg

《森のことりえ》
おやこでたのしむ わくわーくマーケット
日時:4月30日(土)10時〜16時
会場:森下三丁目会館/ 東京都江東区森下3-10-14

「森のことりえは、古きよき下町・森下で、コドモとつながりながら楽しく過ごす時間をもとう!という気持ちからうまれました。ことりえの「りえ」は、フランス語で「料理のつなぎ」という意味です。コドモとオトナ、お友達、子育て中のママや地域の方々など、みんなが楽しくつながる場所を願って始まりました。 」
(HPより引用しました

***
いろいろなワークショップ・体験と、お菓子販売などがある、お子さん連れの方も子どもだけでも楽しめるイベントです。森下三丁目会館は、N君が通った保育園の数軒先で懐かしい&縁のある場所。
ATELIER YAUYAUは、鍵につけられるカバー、またはキーケースづくり体験をします。
革っていうと、トンカン叩いて模様をつけるイメージですが、絵も描けるんです。「絵ってどうかくの?」という方用に、練習紙用意しておきますね。はんこやえんぴつの背で模様描くだけでも、結構かわいく出来ますよ。
色塗って、乾かして、穴あけて、紐を選んで…手作りした思い出が残ると良いなと想いながら、ただいま準備中。

ちいさなお子さんでも、保護者の方と一緒なら大丈夫です。お気軽にご参加ください。絵の具がつくかもですが、これはご勘弁。
革にまつわる道具もあんまり目にする機会が無いと思うので、見てってくださいね。


.
[PR]
by atelieryauyau | 2016-04-29 17:41 | Comments(0)
宮崎でのイベント_te.te.te ありがとうございました。
告知ではなく御礼になってしまいますが…。
宮崎県日向市のbouleさんにて、4月22〜24日の3日間限りのイベント 《te.te.te vol.5》 に、ATELIER YAUYAU も参加させていただきました。

残念ながらお店にうかがうことは出来なかったのですが、オーナーさまより革のかごバッグがとても好評いただいたと報告を受けました。他のアイテムも含め、お手にとってくださったお客様方、どうもありがとうございました。

a0158321_17211327.jpg

一番人気だった革色は、キャメルだったそう。

オーダーいただいた分は、できるだけ早めにお届けできるよう進めます。綿生地の入った姿は、今の季節にぴったりなので、あまりお待たせしないようにと思っています。

とはいえ、中の袋を変えて一年中お使いいただけますし、追加の中の袋等ご入り用の際は、boule さんでも、こちらのコメントからでも、お気軽にご相談くださいね。



.
[PR]
by atelieryauyau | 2016-04-25 17:46 | event | Comments(0)
ささや市 終了しました
a0158321_20334743.jpg

初日はお天気に恵まれ、日曜はあいにくの強風と雨でしたが、たくさんの方々にお越しいただけたささや市が終了しました。

ありがたいことに、16日に開催されたすみだ川ものコト市の会場で積極的に広報していただいたようで、はしごの方々や翌日も開催だからと足を運ばれる方もいらして、地域がクラフトイベントに湧いた週末になりました。

初日は併設のささやカフェが大混雑で、お待ちの方や諦められた方も多くいらっしゃったかと…。私は今回も大好きなささやのカレーも食べましたが、デザートのバナナプティングもオーダーし、ヴィーガンのお菓子の美味しさに目覚めました。ここにしか無い味が味わえるカフェなので、是非またトライしてみてください。

a0158321_2034244.jpg

硝子企画舎さんのワークショップ材料。小さな破片を組み合わせてプレートを作り、焼成してもらえたものが届きます。数年前にN君が体験させてもらって、完成したのが届いた時は感動したなぁ。今回体験された方々も、楽しみに待たれているんでしょうね。

いただいたバッグのオーダーについては、近日中に確認のメッセージをお送りいたします。またまた新しいご提案もあり、オーダーシート解読しているとワクワクしてしまいます。

ささや市、次回は10月1日・2日の開催です。
やはり、すみだガラス市と同日なので、親水公園散策とともにお楽しみ下さい。春は、たけのこ生えてる、不思議な公園です。秋はなんだろうな。


  
[PR]
by atelieryauyau | 2016-04-18 21:08 | event | Comments(0)
第3回 ささや市 - sasaya craft market vol.3 - 出展のお知らせ
出展のお知らせです。
a0158321_2313549.jpg

第3回 ささや市 -sasaya craft market vol.3 -
facebookページ→
日時:4月16(土)・17(日)日/10時〜17時
会場:すみだパークギャラリー ささや
東京都墨田区横川1-1-10 すみだパークスタジオ内 (入口は大横川親水公園側です)
入場無料・雨天決行(屋内)

【出店作家・工房一覧】
=展示販売=
ATELIER PICOT (ステンドグラス工房)
ATELIER YAUYAU (革のかご・革小物)
古工房 
elää vapaa (織)
KISSAKO&KHOHi (バッグ・レザーアイテム)
銀工房wanling (ジュエリー)
Couverture (ベビーグッズ)
コウチノ鯨 (高知県食材)
ZIROCO (靴)
sun’oco glass 曽田伸子 (吹きガラス)
竹村良訓 (陶芸家)・16日のみ
手づくり時計 Hallie (時計)
ドウサ (手彫りはんこ)・16日のみ
nakagawa kumiko (金属アクセサリー)
nicorico 林 理子 (陶芸)
VANILLA (洋服)
fabrica uka (ハンドプリント布)
Bluepine* (ブータン刺繍)
marume<マルメ> (革かばん)
木工yamagen (木工)・16日のみ
山こぼう (布小物)
優卯-yuu- (革雑貨・革花)
Leather lab MEW (革バッグと革小物)

=ワークショップ=
加藤孝之 (友禅)
硝子企画舎 (ガラス工房+ギャラリー)

(一部、どちらかの日のみの出展の方がいらっしゃいます。ご注意ください。)

*******
ギャラリーささやは、隣接するカフェ()のテラスから入れます。カフェのメニューはヴィーガンとスパイス、美味しいスイーツなどオリジナリティの高い料理でオススメです。

ささやは錦糸町とスカイツリーのある押上を結ぶ大横川親水公園に面し、年に2度開催されるすみだガラス市と同じ日程で会場が近いのではしご出来ます。親水公園から歩いてすぐの硝子企画舎さんギャラリーでは企画展が開催中。
牛嶋神社ではすみだ川ものコト市の開催もあり(雨天注意)、手仕事イベントがアツイ週末の墨田にどうぞお越しください。

第3回目となる今回は、これまでになく多くのクラフト作家が集います。私自身がものとの素敵な出会いにドキドキしていますが、そういう思いの集まるところにいられる嬉しさもあり、休日返上でせっせと生産中です。
待ち遠しいような、もうちょっと待って欲しいような。

ではでは、会場でお待ちしています。



.
[PR]
by atelieryauyau | 2016-04-09 23:38 | event | Comments(0)
春の旅 2016 瀬戸内国際芸術祭
a0158321_1155078.jpg

今年の春休みは家族旅行に瀬戸内国際芸術祭へ行きました。

a0158321_116951.jpg

拠点は香川県直島の民宿。N君と私は岐阜を経由して電車で宇野まで、宇野からはフェリーで宮浦港に渡るルート。私は17年ぶりの直島、N君ははじめての瀬戸内海。

a0158321_1162675.jpg

初日は地中美術館とベネッセミュージアムと周辺散策。うぐいすの鳴き声がさかんに聞こえ、真似ながら。空には大きな、肉食そうな鳥が舞う。

国際芸術祭というだけあって、海外からの来訪客が多く、中国語・韓国語・英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語等々多国籍な言語が飛び交い、ベネッセアートサイトや高速船に乗り合わせると日本じゃないような気分になることばかりでした。不思議の国の芸術祭。

a0158321_1164734.jpg

N君のお気に入りは大竹伸朗《I LOVE 湯》。
男湯にひとりでもへっちゃらのようで、2回行きました。春画があったり、壁面に海女さんの裸像が描かれているのですが、気にならないみたい。私より先に湯上がって、ルービックキューブしながら待ってました。

a0158321_117394.jpg

犬島には、晴れた良い日に訪問。飛行機雲の描く線が、見たこともない長さ。銅の精錬をしていた場所は、ベネッセアートサイト・犬島精錬所美術館になっています。展示を見終えた所にいて昔の様子を語ってくれたおばあちゃんは、何歳だったのだろう。70年前、子どもだったって。

a0158321_117265.jpg

荒神明香作品、きれいでした。犬島の家プロジェクトは、道が分かりやすいのでN君がナビゲイター。遅れて空路でやってきた9様は小豆島経由で、犬島で遭遇してまた別行動。観てきたものなどを伝え合うのも、楽しいものです。

a0158321_1174867.jpg

こちらも遅れて到着・岐阜の祖父母(私の父母)。高速船出航までフリスビーして遊んだりしました。

豊島にはみんなで渡り、豊島美術館や豊島横尾館などなど観てきました。豊島のバスは小さいから、停留所で待っても乗れないこともあります。行かれる方は、お気をつけて…。
豊島美術館、両親もN君も楽しんでいました。この後、直島の家プロジェクトを駆け込み巡り。直島は月曜休みが多いので、こちらもご注意ください。

a0158321_1203474.jpg

帰路の日、瀬戸内海はもやに包まれて。
両親は写真中央の小さな高速船で犬島経由で岐阜へ、私たちは高松港に向かうので、別れの景色。世代の違う、目線の違う人と回る芸術祭は、一人で作品に向き合う時のように浸りきれずざわざわしますが、今ここにこの祭りが行われる背景をより広く考えることが出来る気がします。

a0158321_2141797.jpg

N君の旅の一冊は、「おとうさんがいっぱい」
私がN君くらいの頃小学校の図書室で読んだ本で、一緒に嵌った幼馴染みがくれた文庫を持たせました。N君も気に入ったようで、何度も読んでいました。時代は巡る。
高松港からは丸亀にとんぼ返り。お目当ての猪熊弦一郎美術館は企画展直前でしたが、常設をゆったりと観ることが出来ました。栗林公園に行く時間が無くなってしまったので、また来ようねと言いながら港の作品を回り、小豆島に思いを馳せました。

a0158321_123144.jpg

帰りの飛行機から、見えましたよ、富士山。

春が来ましたね。

  
[PR]
by atelieryauyau | 2016-04-06 02:25 | arts & life | Comments(0)