ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
<   2012年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
9月2日のイベント“すみだ日本の技と酒めぐり”
今週末日曜、“すみだ日本の技と酒めぐり”に出展します。

私が講師を勤めている革クラフト教室アトリエ・アミーチの母体は、墨田区で60年以上続く鞄屋・丸ヨ片野製鞄所です。
同じ墨田区内でTシャツ企画製造をされている久米繊維さんの呼びかけで、アトリエ・アミーチもオリジナルTシャツを作り、こちらのイベントにも参加します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

すみだ日本の技と酒めぐり

■日時
2012年9月2日(日)
14時~16時30分(公式Tシャツ着用で13時より入場可)

■会場
「すみだリバーサイドホール イベントホール」
東武・都営地下鉄・東京メトロ 浅草駅より徒歩5分、
都営地下鉄 本所吾妻橋駅より徒歩5分
東武 とうきょうスカイツリー駅より徒歩10分

■入場料
前売り:1,500円(当日券の販売はありません)

■イベント概要(facebookページより引用)
伝統ある日本のものづくりを代表する「酒蔵」と、ものづくりの街「墨田区」のコラボイベント。全国の蔵元による試飲会と墨田区名店が披露する「味」、墨田区町工場や職人による「技」、そして、日本酒Tシャツ展や地元企業の屋号Tシャツ展での「アート」を楽しんでいただきます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

私は丸ヨ片野製鞄所ブースにて出展販売しています。日本酒好きの方は、マイおちょこ持参でお越しくださいませ。

下戸のワタクシ、有名な蔵元のお酒を試せるありがたみを感じることが出来ませんが、スカイツリーを囲んで沸き立つ地域の方々には、たくさんの元気をもらっています。
お祭り盛り上げのお役に立てればうれしいなと思います。会場内ではワークショップイベントも豊富なようですよ。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-31 11:56 | event | Comments(0)
掲載誌のお知らせ
a0158321_61465.jpg


新潟の生活情報誌CARRELの9月号に、ATELIER YAUYAUが掲載されました。特集は“手づくり市&骨董市”。雑司ヶ谷の手創り市の記事に、他の作家さんともども載せていただいています。

7月の雑司ヶ谷手創り市の際に、編集部の方とお会いし、ご注文をいただきました。その後納品した品の写真も掲載されています。

うれしいです。編集部の方々、ありがとうございました。

今月号には新潟近郊のクラフトフェアなどの情報も掲載されています。最近新潟に行ったばかりだったのでご縁を感じました。

東京都内では見かけることのない雑誌ですが、新潟では人気の情報誌だそうです。新潟方面にお越しの際は、書店に並んでいると思いますので、お手にとってご覧下さい。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-29 06:24 | arts & life | Comments(0)
大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2012
週末を利用して、大地の芸術祭に。
a0158321_1347669.jpg

まつだい農舞台。MVRDVの建築物は、来るたびに賑わしくなる。今年はへびの神様にとぐろを巻かれて。

a0158321_13472973.jpg

山奥の古い民家が作品になっているのを観て巡る。桐山の古民家、作品番号D209

a0158321_13474465.jpg

蓬平いけばなの家。N君は古い民家の階段を登ったり降りたりが楽しくて仕方なかった模様。豪雪地帯の古い民家の多くは、冬の間に養蚕ができる仕様になっていた。

a0158321_13481332.jpg

過疎化が進むこの土地には、廃校が多い。
旧清水小学校を利用した川俣正作品《中原祐介のコスモロジー》
昨年他界した美術評論家の蔵書を利用したインスタレーション。
N君、きみもいつかはこの人の知に出会うのかな。

a0158321_13494096.jpg

中里のポチョムキンで行われたニブロールのダンス公演《see/saw》。最終会場になった矢放神社と投影されていた映像。私はこれが今回一番良かった。

まわりは稲穂と山と川で、終演後の帰り路は道を外れたら闇。突然の夕立後のひとつのおまつり。

a0158321_13504520.jpg

まつだいの太平に植えられている柿の木プロジェクトの被爆柿の木2世はもう11歳。3メートルくらいかな?実はまだ成らない。

12年前、初回の大地の芸術祭にて柿の木プロジェクトの紹介をするため、私を含め非力な女子4人組がここに集まり、地元の人たちと一緒に古民家で展示を行った。
今回も、当時関わってくれた地元のボランティアの方と夜更けまで語って、話を聞かせてもらった。今に続く芸術祭を支えている方々の話には、いろいろな問題が含まれている。仕事不足、高齢化、過疎…。

濃かった二日間。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-27 14:59 | arts & life | Comments(0)
ニットで編み上げる布草履ワークショップ
a0158321_21305291.jpg

ニット作家atelier fioreの草本さんに教わる、MERIという名の布の草履づくりに参加。ひも状のニット生地は好きな色を選べ、途中で色を変えたり、鼻緒も選べて、オリジナルのMERIを作る。

a0158321_21302729.jpg

優しく、丁寧に教えていただいて、不安だったものの、ちゃんと完成。草本さん、ありがとうございました。

素足で履くと、めりやすが気持ちいい。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-23 22:47 | arts & life | Comments(0)
バブーシュ試作中
a0158321_22103692.jpg


残暑きびしいこの頃。それが不思議と、実家の岐阜から戻ると「東京はまだまし」と思う。よって今日もエアコン使わずに作業。

初製作のバブーシュ。試作品をもとに改良点を探る。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-20 22:20 | products | Comments(0)
柿の木プロジェクトのワークショップ0819@BLDギャラリー
銀座のBLDギャラリーで柿の木プロジェクトの展示が開催中。

今日は子ども向けに開催されたワークショップ「みんなのパワーで柿をそだてよう」にN君とともに参加。
a0158321_23132266.jpg

リーダーはアーティストの秋山みささん。
はじめにみんなにお話。戦争があって、辛い思いをした柿の木がいること。そのお話をもとに、ここにある大きな木に、実をならせてあげよう、元気にしてあげよう、と語りかけて。

a0158321_23135520.jpg

慎重&潔癖なN君は、手が汚れるのが嫌い…。でも、なんだかローラーで色を塗るのは楽しいゾと徐々に入り込んでいって、絵の具を自分で出していたので、あまり干渉せず。

a0158321_2337459.jpg

乗ってきたところで柿の実づくり。みんなもう周りを見てないね。おともだちのH君、盛り上がってる。

a0158321_23373635.jpg

プロジェクトの考案者・宮島達男さんも今日はサポートスタッフ。
「風船もあるよー。いろいろ使ってみてねー。」

a0158321_23144175.jpg

しまいにはN君も、「いいじゃーん」って悦に入った筆さばき。

色を塗りおえたらモールを貼り付けて完成!中学生のお兄さんに、天井に吊してもらって満足!
うーん。今日も楽しかったね。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-19 23:42 | arts & life | Comments(0)
夏休み・その4
8月15日 終戦記念日。お盆行事。
a0158321_9193894.jpg

大叔母の居る老人ホームを訪れ、姪は墨絵で遊んだ。
自宅で書道の先生をしていた大叔母は、ホームにも紙と墨を備えて、絵手紙を教えている。N君は今回初めて書を教わり、色紙に「ゆめ」と書いた。それは私が小学生の頃、大叔母の監修のもと猛練習した題で、全国コンクールで良い賞をもらうことができた。80半ばの大叔母と私の25年前の思い出の文字。

a0158321_9195741.jpg

日暮れ前に墓参りへ。

この春まで怯えていた小さなトンネルも、N君はもう手を繋がずに、先に抜けた母と姪を追って歩き通した。私が母と姪の身長がほぼ等しくなっていることに驚くと、二人は笑って腕を組んだ。姪とN君は会ったことのない祖父の墓に合掌。お地蔵様にも。

a0158321_9201185.jpg

浴衣を着せて地元の盆踊りへ。やぐら上のおじさんたちは、小さい頃お世話になった方々で、随分年をとられたけど見覚えがある。

「春駒」「かわさき」「やっちく」など、地域の踊りが多く、ちんぷんかんぷんなのに輪に混じり踊る。これまで盆踊りの騒がしさを嫌がっていたN君も、今年は輪に交じった。

a0158321_9222279.jpg

走り回る幼い従兄弟が転んだところを、N君は起こしに向かっていた。お兄さんらしくなる、少しずつ。

a0158321_9291294.jpg

8月16日 帰京
名古屋駅にて。新幹線は夢のような日々と現実を繋いでいる。
楽しかったね。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-16 09:18 | arts & life | Comments(0)
夏休み・その3
8月14日 メメント・モリな夏の日

a0158321_1135230.jpg

豊田市美術館では『Carpe Diem』展が開催中。および15日までの小沢剛『あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き』に滑り込み。N君と父と姪と。

『あなたが誰かを〜』は、子ども向けの参加型アート。入口でお絵かきカードをもらい、好きな人の絵を描いて、ふとん山の山頂のポストに入れると、会場に展示される。そして、またどこかで行われるこの企画に参加する誰かに渡される。
N君が描いてくれたのは私。年頃の姪の絵が誰かということにはあえて触れず。
a0158321_1141268.jpg

ふとんで作られたふとん山に大興奮。

a0158321_1144592.jpg

Carupe展の副題は『花として今日を生きる』。
ロウで固められたダリア。姪は福永恵美の作品に興味を示し、触りそうになること何度かありはらはら。

宮島達男さんの《Death Clock For Participation》は、設置されたPCに自分が設定した自分の死ぬ日を入力すると、それまでの残り時間が、顔写真とともに展示室に写される。死を意識し、それまでの生を考えさせる作品。
姪とN君は誕生日から100年後の翌日を入力し、父は10年後を。早すぎるよと姪とぼやきつつ、背筋が寒かった。
a0158321_11562.jpg

父。
この日は父の誕生日。

展示室を出ると『最後の風景』を描くスペースがあってめいめい取り組むが、N君には訳が分からず、更には私の描いた絵に気を悪くした。姪は「死ぬとか…そういう作品ばかりだね」と、当惑気味な反応。表現やアートとして受け止めることに慣れて、生理的に感じる違和感や嫌悪感をやりすごし過ぎない方が良いなと思わされた。

その夜、ふとん山を作りたいと言い出し、特別に許可されたので再現を見守る。積んで、登って、跳ねて、滑って…、あまりにおかしいその光景に、死が遙か先にあると思っている子どものエネルギーを感じ、気持ちの澱みが流された。

a0158321_1335554.jpg


床の間の掛け軸には「南無阿弥陀仏」。
お盆ですもの。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-14 01:41 | arts & life | Comments(0)
夏休み・その2
8月13日 従姉妹に誘われて揖斐方面にドライブ。
a0158321_234579.jpg

岩。一面。
ランドアート?いえいえ、ロックフィルダム。徳山ダム。
敷き詰められた圧倒的な量の岩の光景に「工場萌え」を連想するというと、従姉妹の狙い所もそこだとのつぶやきが山風の隙間に少し聞こえた。
a0158321_23453836.jpg

徳山湖と石碑があるけど、その底は村があった場所。
私が小学生の頃、母は、失われることが決まったその村を見に来たことがあるそうだ。


a0158321_23462579.jpg

おいしそうに見える、雨水。素直に。

a0158321_23464551.jpg

揖斐のcafé notariで昼食。
出てきたのはココナッツミルク風味の美味しいカレー。地元のものを使ったデザートにも惹かれたり、最近岐阜で人気の珈琲豆について従姉妹と話したり。

a0158321_2347212.jpg

古い郵便局を改装したという雰囲気の良い建物と場所だった。地域誌の記者をしている従姉妹は取材に来たいと思っているそう。

岐阜にもこういう文化があることに隔世の感。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-13 23:56 | arts & life | Comments(0)
夏休み2012・その1
私の生まれは岐阜県岐阜市。夏休みはN君と二人で帰省。その記録。

8月12日 BBQ
a0158321_23352244.jpg

実家のお盆と言えば、親戚が一堂に集まってのBBQ。

不安定な天気を案じた父が、朝から玄関先にテントを張った。オレンジ色のシートが木々の間に広がり、庭の大きな柿の木の影がきれい。シートを通して家の中に入る光もオレンジで、アート作品みたいだった。

a0158321_2335453.jpg

叔母がお供えにと持って来た葡萄。井戸水できんと冷やされて。

a0158321_2335582.jpg

うちの老犬。耳も遠く、目もあまり見えてないそう。
保健所に勤めていた叔父が、殺処分を待つ中から引き取ってうちに来た彼はもう16歳。叔父宅に預かられた数日間の名は「チョビ」だったのだとはじめて知った。
総勢18名のBBQと、シャボン玉や花火する子ども達に混じりたいと、ぶるぶる震える足を引きずり小屋から出てきた。

騒がしい場所は、相変わらず好きなんだね。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-08-12 23:43 | arts & life | Comments(0)