ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
<   2012年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
新作&再製作バッグ
a0158321_18442839.jpg

人気の跳ねウサギのミニバッグと、麻帆布にもしゃもしゃした革を合わせた白いバッグと、裏地無しストマック型バッグ。軽い持ち心地。
目の前にある素材で思いついたものを作るのは、組み合わせのわくわく感がありとても楽しい。お披露目はすみだ川ものコト市。
嗚呼ひさびさの出展イベント。

すみだ川ものコト市
開催日:4月1日 (順延になりました)
10:00〜16:00
会場:牛嶋神社

都営浅草線「本所吾妻橋駅」徒歩3分
東武伊勢崎線「とうきょうスカイツリー(業平橋)駅」徒歩3分
東京メトロ銀座線「浅草駅」徒歩10分

予報では晴れ。北風が吹くとか、少し寒いかな?
スカイツリー開業にむけて、浮かれ気味の墨田区らしい賑やかな市になりそうです。浮かれる気持ちが分かるほど大きくツリーが見えるのに、江戸の名残ある庭園が神社の隣にある、不思議な空間です。いやいや、東京らしいというか。是非散策ついでにお越し下さいませ。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-30 19:00 | products | Comments(4)
4月1日に延期!すみだ川ものコト市
3月31日に開催が予定されていたすみだ川ものコト市。天気予報によると降水確率が高いため、翌日4月1日に延期することが決定されました。ご予定されていた方々、ご注意くださいませ。

4月1日は良い天気のはず。桜はまだつぼみがちだと思いますが、膨らんだつぼみもまたかわゆいので、愛でにおいで下さいませ。ひさびさの出展なので、気合いを入れて頑張りますので、よろしくお願いします。

a0158321_149143.jpg

右側がものコトのお知らせです。
翌週には鳩のまち商店街で「ふるほん日和」が開催だそうです。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-28 14:14 | event | Comments(0)
内袋・お預かりの生地
a0158321_18514122.jpg


こちらは、同じ組み合わせの革のかごをお持ちのNさまから、生地をお預かりして仕立てた内袋。

銀糸と麻の織物だそう。内側は麻生地にして、底は綿麻帆布。外にポケット。麻生地とは言え、オールシーズンいけそうなふくらみのある生地。

Nさま、今後どちらかに出展の際に、手渡し納品させていただきたいと思いますので、改めてご連絡差し上げます。なかなか良いと、思います。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-23 18:57 | products | Comments(0)
革のかごと内袋・まきもの蓋・その2
a0158321_15344028.jpg

ばさばさっと、鳥がやってきたみたいなポーズ。

a0158321_15345956.jpg

moccaサイズの革かごに、まきもの蓋のご注文。シゲタアケミさんが織った薄いグレーのまきものは、薄い黄色や緑の線が入ったさわやかな色味。先週のシルクのまきもの蓋とは異なり、シルク×麻のコンビネーションで、独特の張りがある。

見えるかな、夏景色。

個展でお受けしたご注文、こちらが最終生産物。はからずしも、季節を先駆けて締めくくり。


本日はN君の5歳の誕生日。リクエストはたけのこご飯という渋めな選択なのでお仕事は一端切り上げて仕込みをしなくちゃだ。
いそいそ。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-22 15:48 | products | Comments(4)
革のかごと内袋・まきもの蓋
a0158321_11564389.jpg

こうして見ると、雛みたい。
moccaサイズの革のかごの内袋。

a0158321_11565580.jpg

内袋をかごに入れるとこんな感じ。口前に織物作家シゲタアケミさんが織る絹生地のまきものを付けている。まきものは絹生地で裏打ちしていて、くるっと巻いて蓋を閉じる仕様。
個展のDMに載せた子とよく似てるけど、まきもの色は少し濃くて、ラオスの絹生地は少し淡い。一品物の生地のものづくりは、出会いの奇跡。

まきもの式内袋、ひとつ完成。
もひとつは、まだこれから。


シゲタさんは大阪在住だけど、現在新宿伊勢丹の7階売り場にも期間限定で作品が見られる。着物屋CHAI-SHOPさんが仕立てた、シゲタさんの帯も並んでいた。着物。むむむ。


a0158321_1157996.jpg

そして、今週末から栃木のお店で特別展があるそう。
お知らせ頂いたDM。

《border less》
シゲタアケミ
日時 2012.3.17-3.24  11:00-18:30
場所  sahan 栃木県小山市城東3-14-3

素敵。行きたいなぁ。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-15 12:13 | products | Comments(4)
革のかごと内袋
巾着仕様の内袋、出来ました。

a0158321_11494746.jpg

ワイン色の革のtoccaサイズ。
いろんな糸が織り込まれた生地の袋と。

a0158321_1150074.jpg

黒とワインの革、toteサイズ。上と同じ生地。大地の色な感じと選んだ生地は、ラオスの女性たちが織る生地工房から出たさまざまな残糸が使われているそう。深い色味。

a0158321_11511114.jpg

黒の革でtoccaサイズ。同じくラオスの生地で、こちらは絹糸なので艶がある。明るい、さわやかな着替え。

お待ちいただいていた方々、これからご連絡差し上げます。
よろしくお願いいたします。

さてさて、そしてこれから巻物蓋バージョンを作るのです。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-13 12:13 | Comments(0)
品川てづくり市FINAL@品川神社
a0158321_17452285.jpg

昨日3月11日、品川てづくり市FINALが開催というので、客としてN君とでかけた。一昨年の夏以降、何度か出展させてもらった場所。震災の後、神社での開催は見送られ、ecute品川での催事はあったが、今回がこの場所での開催は最後とのこと。寒いけど、晴れたある日の東京散歩。

会場にはたくさんの出店者・お客様がいて、一年空いたというのに、賑わっていた。不思議なことに、「いつも通り」な感じがして和んだ。顔なじみの作家さん方に挨拶したり、お買い物したり。しかし、会場に居る間中N君は品川富士に登りたいと主張し、何度も登山。震災で一部崩れて修復されたという品川富士からは、天気が良いと富士山が見られるそうだが、雲に隠れて見えず。

一年前の今頃は子の守り方に迷っていたけど、この一年でずいぶん頼もしくなってくれたものだ。以前ここに来たときは、山なんて登る子じゃなかったのに。
a0158321_1745379.jpg


品川てづくり市に出展された方々のブログなどを拝見すると、これが品川てづくり市として最後の活動になるわけではなさそうな記述が多かった。今後も何か関われる際があるならば、是非にと思う。
主催される方々は、地元品川宿を盛り上げる活動として始められたという市。こうした趣旨をもつ活動は、市に限らずいろいろとあるが自分の出来ることで、関われることが、続くことを願って。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-12 17:46 | arts & life | Comments(0)
革のかご・ご注文の品々
a0158321_16431978.jpg


先週に引き続き、ご注文の革のかごたちが出来てきました。mocca、tocca、toteサイズのかごは、追加の内袋をこれからお仕立てします。シゲタさんの織物や、ラオスの絹生地の出番がようやく。お待ちいただいているお客様、もう少しお待ち下さいませ。
ようやくたどり着ける生地仕事、素敵な素材で、素敵なものを作ります。

個展以降にご注文いただいたポシェットも仕上げ待ちです。ポシェットご注文のお客様、今週末にはご連絡差し上げます。

今日朝、N君が「Nのチューリップ、めがでてきたよ」と。
卒園式で、卒園するお友達にあげる球根のこと。
カブトムシも起きたよ。春が来るからね。
さてさて、動き出す準備もしなければ。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-08 17:04 | products | Comments(0)
展覧会鑑賞:野口里佳-光は未来に届く@IZU PHOTO MUSEUMと三島観光
a0158321_19363984.jpg

白滝公園から三嶋大社までの水路の一風景。

野口里佳の展示は今日まで!と、あまり冴えない天気にもめげず、三島まで足を伸ばす。このところ入試業務で週末も不在の9様は参加不能。家族で楽しめそうなクレマチスの丘に、N君とふたりで訪問。

写真を語るとき、私は言葉に困る。被写体が面白いのか、撮られた像を写した紙が美しいのか、その目線を切り取った感覚に惹かれているのか。展示数は少なく感じたが、N君紛らわしながら、働かないなりの頭で、作者の言葉で説かれた意図を読みながらの鑑賞を楽しめた。シルクスクリーン表現にされた写真はものの像が網点で表示されているが、光が見えるという。《割れた瓶》の異なる質感のものとフェンスの影の写真が良かった。この先自作のものを撮る上で、どんな写真が自分の思う「良い」ものなのかを考えている矢先だったので、刺激になった作品。

その後、敷地内の他の美術館に行こうと思ったが、寒く、散策で冷えて、三島駅に戻る。昨年雑誌Casaで見た雑貨屋を訪れたく、三嶋大社方面に散歩に出る。お店は、「洒落た」印象。この街でのポジションは「ハレ」なのだろうなと、担う位置・目指していること、が感じられた。白滝公園から三嶋神社までの水路が良く、N君嵌って写真を撮ったり魚を探したり鴨を追いかけたり。

住み心地の良さそうな場所で、この地で暮らすのも楽しかろうと妄想するが、商店街の寂れ具合が痛々しく見えた。三嶋大社は立派で、参詣者が多く居たが車で来てしまえば水の豊かさに触れることもないのだな。観光資源の活かしかたとか、まちのありかたとか、この土地でも、何かしらの動きがあるのだろう。

a0158321_1938489.jpg


地方に暮らせないなりに、地方を見て回りたいなと、久々に訪れた知らない土地の営みに無性に応援モード。何かしら、土地に根づいた動きを知る手段を常に意識していなければ。

野口里佳展タイトルは、「光は未来に届く」。
そんな気持ちで。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-04 20:13 | arts & life | Comments(0)
黒い革のかご・ご注文の品
a0158321_1549333.jpg


個展にてご注文頂きました革のかご、黒い子たち、完成間近です。ご注文の方々には近日中にご連絡いたします。大変お待たせいたしました。白い生地の、初期設定バージョンでご注文の方のみです。

白い内袋に、追加で絹生地の内袋をご注文の方、また、黒以外の革のご注文の方は、もう少々お待ちくださいませ。3月半ばまでに!との予定で進めています。
よろしくお願いいたします。


2月末日までに、と思っていたところに、数日遅れで到着した感じ。看病に足を取られてた分、遅れたのが無念。でも、いまだすっきり治らない子をこれから迎えに行き、また小児科に滑り込む。

さて、すこし先が見えてきたところで、先の先を見据えなければ。そういう季節にも、なってきたことだし。

3月。昨日の雪は、早く溶けた。
[PR]
by atelieryauyau | 2012-03-01 15:57 | products | Comments(0)