ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
<   2011年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ポシェット各色
a0158321_1946539.jpg

革の色を増やそうと思い、新しく作り始めた色たち。
一年間、作り続けた日々のおかげか、出来上がりの予想ができるようになった。勘が働くというか。

今日はすみだおもてなしコンシェルジュのセミナー2回目。テーマは「感受性(気づくこと)」「積極性」だった。笑わされっぱなしの3時間を終えて、受講前より前向きになっていることに気付く。背中を押されている感じ。内側からも、外側からも、刺激が多くて、加速気味な毎日。

明日は保育園で保育参加。この猛暑の中、公園遊びに着いていく。先生達の苦労を垣間見て、労って、こども達と一緒に笑いたい。ヒートアップも一旦停止。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-29 19:50 | products | Comments(0)
赤いかご
a0158321_2110914.jpg

赤い革。

力強い。

今日は暑かった。梅雨は涼しい日もあるので、涼しい日はベランダで金具打ち。暑い日は内袋を縫製。
強そうなこの子に、松本で買った帆布を合わせて仕立てた。
格好良い。よく似合う。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-28 21:12 | products | Comments(0)
素材の森を出でて
a0158321_15171588.jpg

それぞれの色と形が、自ら似合う色と質感を見つけ出した感じ。

まだ森に迷う子もいる。

お似合いですよ。内袋を仕立てましょう。

順番にね。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-27 15:19 | products | Comments(0)
展覧会鑑賞:三嶋安住「そのまま」@アトリエ・アンジュ
a0158321_23514110.jpg

今週火曜夜、安住君のママの三嶋りつ恵さんから「展覧会をするからDMを送るね!」と連絡を受けた。急な案内で驚いたが、木曜にポストに20cm角にもなる大きなDMを発見したとき、その絵に胸が高鳴った。無数の花、小さな丸、中央の大輪を囲む鳥。アウトサイダーアートを研究する美術館時代の同僚と訪問。

彼との出会いは1999年のベネチア。ビエンナーレのボランティアスタッフとして入った私は、現地在住のりつ恵さんにいろいろ世話してもらって楽しい日々を送っていた。自閉症の彼が描く絵のすごさに早くから気づいていたりつ恵さんは、とあるギャラリーの人が彼の絵をリーフレットにしたものをうれしそうに見せてくれた。当時の私は小学生の安住君とどう接して良いのか分からず、距離を置いて様子を見ていた。彼は2005年から日本を好んで移り住み、近年は神保町に構えたアトリエで絵を描く日常が続いた。今日もアトリエに着いたとき、制作しているところを少し見られた。その後、りつ恵さんに促され挨拶をして出て行った。

ペンで描いた細密な絵、墨の勢いある絵、油絵の具の風景や生き物たちと、彼独特の日本語による作品タイトル。装丁はりつ恵さんによりすっきりとしているが、作品はあたたかく、面白い。正直、彼の絵から受ける感動は、私の言語で語りきれない次元にあると思えて仕方ない。りつ恵さんが、「安住は漢字も波動で感じている」というように。

彼の絵をもとに「神せいふくろう」と名付けられた刺繍ワッペンを作成したというので購入した。私もふくろうマークだから縁も感じ、イベント参加の際に着る服に縫い着けようと思う。彼の画家としての活動を支えているのは、その素晴らしさを育み続けた母あってのもの。自己実現を大股に突き進んでいくだけでもすごいのに、安住君の夢も一緒に見ているりつ恵さんには、人生のお手本にしたいバイタリティを感じる。
私もN君の歳月に大きな夢を見ていたいなと。
自分の夢の歩みとともに。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-25 23:51 | arts & life | Comments(0)
素材の森に入りて
a0158321_15484423.jpg

色・質・素材・フォルム・雰囲気。

しばらく素材の森の迷い人になりそうな気配。

嗅覚・触手・ひらめきと思い込みを頼りに。

私に足りないもの、positive thinking 。

それもいまは、少しずつ変化して。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-23 15:51 | products | Comments(0)
展覧会鑑賞:もてなす悦び展“ジャポニズムのうつわで愉しむお茶会”@三菱一号館美術館
丸の内ブリックスクエア内にある三菱一号館美術館へ。午後から職場の推薦で参加することになった「すみだおもてなしコンシェルジュ認定講座」の受講があるので、「おもてなし」に繋がりを感じて足を運んだ。
19世紀後半から欧米の各国で万国博覧会が開催され、そこに出品された日本美術に触発されて新たな表現が生まれ起こったジャポニスム。その異国情緒を日用品に落とし込んだテーブルウェアを蒐集してきたミヨコ&ジョン・デイヴィー夫妻から三菱一号館美にコレクションが寄贈されているそうで、お披露目ほかも揃えた展覧会。

明治〜昭和の金属工芸を研究していた経験から、こういう場でも金工に目が行き、ゴーハム社の日本趣味ナイフセットに嵌る。当時さかんに輸出された色金作品のまんまパクリなんだけど、モチーフの月と兎や武士、竹馬やらが、とても精巧に出来ているのに日本のものと何か違う。曲線、造形、総じて雰囲気。この差に美意識の違いを感じて面白い。ボナールの版画の小品も浮世絵の影響を感じて良かった。ジャポニスムの浸透と咀嚼を探るこの展覧会では、たかだか百数十年しかないこの間に起きた工業化や市民生活の変化により、かつてない早さで起こった文化の変容の一面が見られる。やっぱり大好き博覧会の時代。

帰り際、美術館勤務時代の先輩が学芸員をされているので声をかけさせてもらうと、長いお喋りに。次年度企画のため明日は伊勢型紙の調査に出るそうで、白子の話で盛り上がる。同じような切り口で見られれば、欧米の何かのパターンのルーツも日本に見えてくるかも知れない!?とても楽しみ。

お喋りしていたのでセミナーにはお昼抜きで参加となる。初回は旭山動物園の元園長菅野浩先生のお話。園長に就任してからの試行錯誤の例を挙げて、いまや大人気の動物園となるまでの道程には、ともに働く人たちを動かす人柄の誠実さを感じた。それと動物への愛情。大きな話だったので、反芻する。苦労を語り伝える言葉は心に沿ったものだった。動物と向き合っているからだろうかとも思う。心を語る言葉の回路を、素直に、誠実に。そして諦めず。
でもたぶんこれ、はじめの一歩ね。
私のおもてなしの道程は、まだまだ長そう。。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-22 23:41 | arts & life | Comments(0)
夏至
a0158321_18302763.jpg

「なんか朝みた〜い」
自転車の後ろに座ったN君が言った。保育園の帰りだから、18時半くらいの空。確かに明るい。ああ、明日は夏至だ。
「おひさまがながーくお外に出てる日だから、まだ明るくて朝みたいなんだよー」と私。
保育園までは自転車で15分、結構遠い。職場との中間地点にあるが、自宅で仕事のときは往復送迎で1日合計1時間自転車を走らせる。さすがに真夏真冬は厳しいからバスを使うけど、まだ自転車。

遠いその保育園は9様実家の縁で知り、N君の1歳時の1年を見てくれた保育ママからも勧められた園。それはN君の縁と言え、最寄りであるよりも縁を育てる気持ちで選んだ。甲斐あってか神経質なN君もずいぶんほぐれ、私自身にも園を通じてもたらされた出会いの恵みがありがたい今日この頃。

夏至の空を見上げ、保育園生活が折り返しを過ぎていることに気付いた。あと2年もたたないうちに、自分の足で学校に行くようになる。彼が来て取り戻された私の夕方。季節すら教えてくれる。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-21 19:30 | arts & life | Comments(0)
渋谷てづくり市@代々木八幡宮20110618
a0158321_2123490.jpg

今日は代々木八幡でのてづくり市に出展しました。
こちらの会場への出展は2度目でしたが、葉が生い茂ってからは初めて。八幡様の杜っぷりはお見事で会場は一日中木陰に包まれ、ブースの真後ろには古代式住居入口があったため、たぶん誰よりもひんやり湿った空気が漂っていたことでしょう。

多くのお客様がお立ち寄り下さり、持って行った革のかごはすべてさまざまな方々のもとに巣立って行きました。以前お母様が購入され今回は娘様が購入して下さったり、お友達同士で別色を気に入られて購入して下さったり(なんとこのパターン二組様)と、連鎖反応が起きていることに、うれしく思いました。その一方で、指向の似て非なるお二人それぞれに良いと思われる感性を試されているような、緊張する場面でもありました。
ご購入いただいた方々、本当にありがとうございました。

今日は父の日。おじさまがたがよく小脇に抱えている小さいバッグが気になって作ったヨウヨウ鳥付きのポーチも巣立って行きました。素敵なミドルのセカンドバッグとして、小脇に抱えられてるところを見たいものです。ところでなんでおじさまがたはバッグ一個しか持ってないのにセカンドバッグって呼ぶのだろうと気になって辞書引いたら「本来は大型バッグに入れて化粧品などを入れるバッグ」だそうです。古いぞ、広辞苑。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-19 21:23 | event | Comments(0)
のっぺらぼう
a0158321_20434759.jpg

サカナのキーホルダーやストラップは作り始めて1年。父の日アイテムとして始め、今や色とりどり。たくさんいたのもずいぶん減って、また仕込み中。ミシンがけが済んで、これからコバ(断面)処理。その後、模様や顔を描いて、アイテムごとの金具を付ける。
いまはのっぺらぼう。顔を想像しながら眺めている。

明日は渋谷てづくり市に参加します。ブース番号は120番。いつもの苔色の敷布も、洗濯してアイロンかけて、ぴりっとした気持ちでがんばります。よろしくお願いします。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-18 20:49 | arts & life | Comments(0)
床面処理
a0158321_15811100.jpg

革の裏側は床面と書いて、トコメンと読む。
CMC塗って、ガラス板で毛羽立ちを押さえて、乾燥中。
リビングに広げた革の舟。いいにおい。

幼稚園の頃から、好きな色は紫。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-06-16 15:10 | products | Comments(0)