ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
跳ねウサギのバッグ
a0158321_1782899.jpg

跳ねウサギのミニバッグはmoccaさんに置いていただいて、数日経たないうちに買われていったそうな。そのため、色違いで数本作ることにして、跳ねるウサギも新しいデザインを作成。
白いチャームは、満月に見立てている。
さきのウサギバッグを作った日は、満月の前夜だった。N君をお迎えに向かう際に見上げた夕空にほぼ丸い月があったので、帰宅してから白いチャームを月のように垂らしたのだった。
地震が起きてから、少し、ものの表し方を変えている。出来るだけ、伝わり易くあろうと。

4月17日に雑司ヶ谷で開催される手創り市に出展出来ることになりました。ブース番号は133番です。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-31 17:10 | products | Comments(0)
ヨウヨウ鳥のデジカメケース
a0158321_1082184.jpg

2月の品川てづくり市にてオーダーをいただいたデジカメケースが完成。青い革に、鳥のアップリケ。ストラップは長さの調節が出来る仕様で、取り外しもできる。ファスナーの引き手にはお名前の刻印入り。アップリケ柄はお任せしていただいたので、ヨウヨウ鳥にした。こんな時期だからこそ、いつもより上を仰ぐ。
ものづくりは、時を映す。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-30 10:08 | products | Comments(0)
織り模様生地のポシェット・ミニ
a0158321_14134343.jpg

こちらも冬に作った水玉ウールのミニポシェットを、織り模様の生地にして作成。これで、1週間前の金曜に完成させるはずだったものたちが仕上がった。
暖房は消しても、ラジオはかけながら作業した。流れてくる曲と読み上げられる励ましのメッセージ、被災地の方々の苦しみの言葉などに何度も涙が出てきた。1週間というのが信じられないくらい長く感じている。でも、福島原発ではいまも命がけの作業が行われている。震災はまだ続いている。
義援金・奨学金への募金を検討しながら、継続的な支援の仕方を考えた。これからの復興を支えるためにはたくさん働くことが必要だと強く思った。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-18 14:13 | products | Comments(0)
跳ねウサギのミニバッグ
1月に製作したウサギの手帖カバーのウサギさん。いくつか切り抜いていたので、ミニバッグにしてみた。内縫いをひっくり返すときに出来た革の皺が、波のような、闇のような。
満月に見立てた白いチャームには、アトリエ ヨウヨウの刻印入り。
a0158321_1031671.jpg

[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-18 10:07 | products | Comments(0)
織り模様生地と革のポシェット
冬に作った水玉ウール生地のポシェットと同じ形。生地を春らしい花模様の織物にしてみた。お手製の革ボタンがアクセント。革は細かなシボのあるキップ。質感の奥行きが面白いので、アップの写真。イギリスで買ったこの生地で、どれだけバッグを作っただろうと思い出しながら、新しいものを作る。
a0158321_15271972.jpg

[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-17 15:27 | products | Comments(0)
革のかごポシェット
革かごのポシェットは人気アイテム。
a0158321_15231927.jpg
色調の異なる茶色を組み合わせて作っている。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-17 15:23 | products | Comments(0)
3月20日の雑司ヶ谷手創り市について
*3月20日の手創り市は中止になりました。
地震後の混乱や、福島原発のニュースにおびえていたが、私なりに社会とつながる機会なので、参加していこうと思って準備をすすめていた。それでも、18日に中止が決まった。

出来るだけ出展しようという気持ちのきっかけは、N君との会話。
《16日夜。風呂の湯船での会話》
N(目を閉じて)「なんかいいことがみえるの」
私「へ〜。何が見えるの?」
N「ドアがあって、こうやってあくの」(腕を広げて)
私「どうするの?」
N「みちがあって、こうやってあるくの」(指をトコトコ)
私「どこへ行くの?」
N「○○ほいくえ〜ん!」
私「へ〜。何があるの?」
N「みんな」
私「なんていうの?」
N「N〜って」(笑顔)

小さな時期から、目を閉じて夢を見ることを教えてきた。人の顔や、食べ物の味など、記憶して思い浮かべられればと。
地震の時は保育園にいて、週末も余震の恐怖と緊張とニュースが伝える非常事態の様子に刺激を受けて疲れている様子だった(出来るだけニュースは見せないようにしたが)。月曜は混乱のなか保育園で過ごし、火・水曜は登園自粛の通達をうけて、私が勤務を休んで自宅で過ごした。
幼い子供を守れるのは自分だけで、不安な時は親と過ごすのが一番良いと思い込んでいたけれど、N君自身にももう社会があって、そこで会えるみんなの顔が浮かぶことに驚いた。彼の通う保育園は「ふるさと」になることを目指しているとの園長先生の言葉と、優しくあたたかな先生達の顔を思い浮かべた。
今日から登園自粛は解除となり、交通機関も幾分復旧してきている。このあたりはまだ停電がないので、仕事をするため意を決し預けに行った。彼は笑って手を振ってくれた。私は私のことを頑張らねばと思った。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-17 10:47 | arts & life | Comments(0)
品川てづくり市中止のご連絡
東北地方太平洋沖地震の影響で、3月13日に開催予定でありました品川てづくり市は中止となりました。
被災地をまた夜の暗い闇が覆う前に、少しでも救助が進むことを祈るばかりです。

市にてバッグをお渡しする予定でしたKさま、また後日ご連絡いたします。よろしくお願いいたします。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-12 16:25 | event | Comments(0)
ペンケース完成
a0158321_17315120.jpg

試作から、少しずつ型紙を修正して、茶色だけでなく赤とオリーブグリーンの革でも作成。
仕事の都合で、ようやく今日から市のための製作に入ったけど、今日はペンケースで手一杯となる。あぁでももうN君お迎えの時間。
ミシンがけしながら、彫金研究室にいたときに先生に言われた「近視眼で物を見ることに慣れなさい」という言葉を戒めのように思い出していた。ぞくり。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-10 17:31 | products | Comments(0)
ペンケースの試作
a0158321_15151511.jpg

茶色の革をペンケース用に裁断し、一晩悩んだ。茶色の単色で仕上げる以外のことをいつも考えてしまう。キップのゴールドの革をまちに使ってみたら、良い雰囲気。
新学期も近いから、ペンケースも作って市に出したいなと思い試作。時間のやりくりのなかで、試作時間をとるのはなかなか難しく、サンプルをまた一晩眺めて過ごす。どこまで行けるかな。
[PR]
by atelieryauyau | 2011-03-05 15:19 | products | Comments(0)