ブログトップ
ATELIER YAUYAU
yauyauyau.exblog.jp
カテゴリ:products( 352 )
ただいま生産中です_20170913
a0158321_14161739.jpg
a0158321_14164144.jpg

先週は、小物たち。
今週は、かごバッグ。
並行して、お財布とか、いろいろ、生産中です。
写真上は、イタリア革で作ったカードケース。折り合わせて膨らみをつけて、カードがたくさん入れられるようにしています。
写真下は、ミニポケット。3センチ程度のポケットに、100円玉なら2枚入るかな。墨田の革✕ハラコの蓋が愛らしい。

私の作る小さなものは、革によって、こうなってたら良いんじゃないかな?という感覚で作っています。使う革が揃っていないから、いろいろを一緒に並べたとき、すっきり感も統一感も無いかと。
絞っていかなければ、とずっと思ってきた一方で、こういう雰囲気の異なるちまちましたものが並んでいるのが自分の好きな感じなのだと、最近ストンと心に落ちました。岐阜に帰省の際、たびたび訪れていた雑貨屋さんが移住を期にお店をたたまれて、寂しがりつつ、そのお店の何が良かったのかなぁと思い出してみると、その「いろいろ」感でした。

「いろいろ」にも、色々あって、その選び方具合が、とても好きでした。
ミニマムとかシンプルとは遠く、でも、馴染みの良い程度の可愛らしさがあって。
その加減は、目指すところ。
無くなってみると、しみじみです。












[PR]
by atelieryauyau | 2017-09-13 14:46 | products | Comments(0)
机の脚
a0158321_13540431.jpg
展示用机の脚を、父の知人に作ってもらいました。

当初は父に頼もうと思っていたのですが、父が、故郷の白川で神棚などを作る仕事をしている幼馴染がいるからと、相談してきてくれて、あれよあれよという早さで仕上げてもらえました。さすが、軽い木材で、綺麗な仕上がり。開き止めは革で作れるだろう、という話に2人の間ではまとまったらしく、パターン!って開いちゃう、止めのない状態で納品。

止めは金具の方が良いかも?と思った私はホームセンターをウロチョロしてみたものの、思ったものが見つからない。ネットで見ると、欲しい金具は不要なパーツが付いた状態のものしか見つからない、積極的にやるほどDIYが得意じゃない、等々あって、しばらく放置。(1年以上)

この夏の帰省の際、ふと、作ってくださった父の幼馴染は神棚を作ってるけど過疎地ゆえ今はあまり需要(仕事)がないとか、祖父は神主だったなとか、大学時代に歴史好きの親しい友達に「岐阜の奥の方は神道の信者が居る」と教えてもらった話が繋がって、父に「どうして神道なの?」と尋ねてみたところ、理由は廃仏毀釈でした。山奥の、痩せた土地の貧しさゆえの選択だったそうで、父の言葉を借りれば、「葬式はせなかんでな」。

放置していたことが、なんだか申し訳なくなる話。(そういえば、祖父は町の歴史書を編んでいた。読んでなくてこれまた申し訳なく、詳しくはおいおい…)でも、開き止めの革色が白なのも、御幣みたいでいいかなと思えるようになりました。


さて、天板どうしよう。







[PR]
by atelieryauyau | 2017-09-07 14:48 | products | Comments(0)
ただいま生産中です_20170905
a0158321_13404926.jpg
時計のベルト。
エキゾチックレザーも時計ベルトも専門外ですので、耐久面で問題があるかもです。よく顔を合わせる方からのたってのご依頼に、今後のご様子もうかがうという方向で、お引き受けしました。トカゲ革・ミントグリーン色は、こだわりのあるお洒落なその方にピッタリだと思い、ご提案してみました。
長持ちしますように。


こちらにて、現在お受けしているオーダー製作はひと段落です。今後のオーダーは、12月以降に。お取り扱い店舗様への納品と、秋・冬の展示に向けて、今週より本格スタート。ちょうど先週、秋に参加する展示の現場を確認するミーティングに参加し、気持ちが昂まるとともに焦りでいっぱいになったところで、バリバリ進めたい気持ちなのですが、今週は9様の仕事が一年で一番忙しい週。学校や習い事が再開したN君も、調子を戻す週。
勇み足になってももつれそう、と動物的な勘が作動している。
もつれそう、っていうか、もめそう。こじれそう。
週に3回もある保護者会の内容が、頭に入らなそう。
夏休みの工作作品展でも、観に行こうっと。

急がば回れだ、ニンニン。







[PR]
by atelieryauyau | 2017-09-05 14:13 | products | Comments(0)
ポシェットサイズのウール内袋
ウールの内袋生産は7月から進行していました。
が、内袋内側に使用している生地屋さんがなが〜い夏休に入られてしまい、盆前と盆後に二度の空振りで完成が遅れてしまいました。紐も揃って、展示用が完成。まずはポシェットサイズの内袋のご紹介。
a0158321_22063122.jpg
革のかごバッグ_pochette brown
madison_gold
イギリス製ウール生地のグリーンです。白色多めの面で作りました。生地の反対側は緑が多めなので、そちらでもご注文いただけます。内袋は裏地がつくので、残念ながらリバーシブルではありません。内側にはポケットがあります。


a0158321_22064219.jpg
日本製のウール生地_カーキ色。コート用の厚みです。
a0158321_22065568.jpg
内袋の初期設定は、生成りです。





[PR]
by atelieryauyau | 2017-08-23 22:18 | products | Comments(0)
bag_order_2017
a0158321_21193059.jpg
a0158321_21194540.jpg


ご注文いただいてから、
お好きな感じとか、
お好きなものとか、
あれこれうかがって。

良さそうなもの、
集めながら、
作りながら、
お会いした時とか場所とか
思い出したりして。

そういう風にできたらいいなぁと思っていたことが
出来ているんだと知りました。


オーダーのトートバッグ
イタリア革
口前がまあるく開く作りです。
開口部にマグネット

チョコレート色やキャラメルの色の革も、在庫しています。
セミオーダー会、いつかは。








[PR]
by atelieryauyau | 2017-08-19 21:32 | products | Comments(0)
革のかごバッグLINE10_5×5red_black
a0158321_23420955.jpg
オーダーの革のかごバッグ
LINE10_5×5 革色赤
内袋は黒
お仕事にがっつりお使いになりたいとのことで、開口部のファスナーはNo,5を使用。内袋の生地も厚めです。かごバッグにしては重たいのですが、測っていただいたところ(ありがとうございます!)780グラム。
革のバッグにしては軽いようです。

LINEのシリーズは、LINEが横まちを示し、そのあとに来る数字が横まちの幅を示します。ご要望で10センチ超えを作るようになってから、丸底ゆえにふんわり膨らむ軽い印象だったかごバッグが、それなりの容量で展開できるようになって、お仕事仕様にも対応できて、「カバンらしいものを作れるようになったなぁ」と思うこと度々。
好みや用途は人によってそれぞれですから、どちらが良いということはありませんが、丸の底だけにこだわってなくて良かっなぁ、と。

私はあちこちに色々とものを見にいくのが好きで、「面白いもの」探しに貪欲でいたいし、思いつきを大事にしたいと思ってはいるのですが、気づかないうちに目線が狭まっちゃってました。
やってみる機会を、ありがとうございました。

カスタマイズも、多分私の発想を超えてくださるのだろうし。
拝見できますこと、楽しみにしております。






[PR]
by atelieryauyau | 2017-08-12 00:01 | products | Comments(0)
革のかごバッグ_totebag black_black
a0158321_21245252.jpg
オーダーの革のかごバッグ
totebag 革色黒
内袋も黒
このところ、5-6月のソラマチ催事でご注文いただいた品を生産しています。

手紐は肩にかけられる長さとのリクエストでしたので、金具間の距離は48cm。革は今回の黒はとっても張りがあって、かごになってもパーンと張っていて、まだ固いのですが、肩にかけて脇でわしわし抱えていただいているうちに、柔らかくなっていくと思います。

柔らかくなったところも、拝見できますように。





[PR]
by atelieryauyau | 2017-08-11 21:22 | products | Comments(0)
納品のお知らせ_チャーチストリート軽井沢
今年の春より、軽井沢の旧軽井沢地区にありますチャーチストリートのお店・キューカルアトリエさまとセカンドさまにて、ATELIER YAUYAUのかごバッグや小物などいろいろとお取り扱いいただいています。
夏になってから、大変好評いただいているそうで、昨日またバッグを納品させていただきました。

a0158321_21545890.jpg
ポシェットをはじめ↑
a0158321_21551285.jpg
moneサイズなどの斜めがけバッグ、今ならカラー充実しております。
a0158321_21562458.jpg
サイズ比較↑
moneには、ポシェットの倍以上のものが入ります。
肩掛けのバッグtoccaは、完売してしまったそうなので、キャメルとブラウンは補充いたしました。他にも、革の袋やお財布など、今ならございますよー。


先日、東京のお友達が家族で軽井沢に遊びに出かけて、たまたま通りかかったチャーチストリートのディスプレイに私のバッグが並んでてびっくりー、というメールとともに写真を送ってくれました。
避暑地も、お店様もとても気になっています。
でも、まだまだ、今月は生産中です。暑いうちに、涼しいところ、行きたいなーと思いつつ。








[PR]
by atelieryauyau | 2017-08-10 22:11 | products | Comments(0)
暑中お見舞申し上げます。2017
a0158321_22342834.jpg
ただいま、革のかごバッグの、ウールの内袋を生産中です。

主に、5-6月のソラマチでの販売の際にご注文いただいた品ですが、それ以前のリクエストや、冬の展示に向けてなど、様々なサイズを進行中。現在とは真逆の季節感な素材に、暑い作業部屋ではなかなかしんどいかな?と思っていましたが、今日は割と涼しかったような。

不思議なもので、アイロンがけは熱いですが、ウールに触れている分に「アツいわ〜」と思うことはありません。ポリエステル綿などは、ネチッと感じることもある一方で、ウールはけものの毛で、その全身を覆っていたわけだし、私の心の許容範囲を出ないみたいです。

でも、これも思い込みで、知らずに熱中症になってたりしませんように。


皆様も、夏の暑さに、ご自愛くださいませ。



[PR]
by atelieryauyau | 2017-07-23 22:47 | products | Comments(0)
口枠金具のクラッチバッグ_型押し

a0158321_21302328.jpg
a0158321_21291491.jpg
昨年末くらいから、革教室のお生徒さん方の間で、金属の枠を使って開閉するバッグが流行しています。
ボストンとかリュックとか、難易度の高いものに取り組まれている一方で、こちらはシンプルな作りでもそれなりの形に仕上がるので、気軽に取り組めるみたい。

気軽ならば、私自身もちょっと、矛先をかえてみようかな、と思いまして、勝手にテーマを立てました。
「トレンチコートを着て、ヒール履いて、丸の内とか銀座を持って歩けそうなクラッチ」

トレンチコートあるけど着てない
ヒールの茶なんて持ってない
丸の内ってセールと美術館にしか行かない
けど。
型押しって、あの辺で持ってたらオシャレなのかも?という、全くの妄想に従い、5年以上前に質感に惹かれて購入してあった型押しバニラ加工の仔牛革を出して、2014年に東京国立博物館でやってた エルメス「レザー・フォーエバー」展の会場で撮りためた写真を資料に、片手だけ紐が付いているクラッチにしてみました。
小奇麗に仕上げてもしっくりこないので、裏地はアフリカンプリントのキテンゲ。

私より年長のお生徒さん方の中には、バブルの時代にお洒落を謳歌された経験がある方もいらっしゃるので、そういう感じに仕上げるのも悪くないわねって反応でした。
ホッ。







[PR]
by atelieryauyau | 2017-07-14 21:26 | products | Comments(0)